【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

9月からの寮

e0026645_92403.jpg

今回の部屋は張るスペースが広い’ー’↑スイカをもって倒れている人の写真が一番気に入っています笑 さて、ここは、学校から5分というとても便利な場所にあります!そして目の前が公園なので住みやすいです。寮から学校までの間に「地下鉄の駅」「24時間営業のテスコ(スーパー)」「道をまがるとインターネットカフェ」「ポストオフィース」「HSBC(銀行)」などなど必要なものが全てあります。ロンドン大学すべてのカレッジ向けの寮なのでLSE、UCL、などが多く見られます。寮には、夫婦で広い部屋にすんでいる人たちも少数いて、キッチン、シャワー、トイレ付の部屋もあります。


この寮の特徴
:700人くらい住めるので大きい、広い、つまり廊下が長い・・・ランドリーに行くのもかなり遠い。
食事を出してくれる(時間が決まっているので規則正しいとはいえ、朝はのがしてしまうことが多いし(ほとんどいつものがす笑)、夜も遅くに帰ると食べのがすので、大変な面もあります。が、忙しいときに自分でつくらなくてよいのはやはり便利。メニューはパスタばかりがつづいたりで飽きることもありますが、サラダも毎日用意されているので栄養不足にはなりません。ライスは破壊的な味でした、、、が、バターで炒めてあるライスは対照的にすごくおいしく食べられます。
シャワー、トイレは共同です。(プールや学校などの公共施設のような感じ)
メリット→自分でトイレットペーパーの補充をしなくて済む。シャワーが一つ壊れていても他のところを選べる。自分で掃除をしなくていい。虫がでたら逃げられる。
デメリット→部屋からシャワーまで30歩。寒い。面倒でトイレにいく回数が減るため不健康。
などなどありますが、私は部屋にトイレ、シャワーがないほうが好みです。きちんとしきられているシャワー、トイレならば別ですが、水が漏れたり湿気がたまったりとなにかと不便が多いので、そのたびに一人で解決するよりは共同でいいという結論です。
バーがある(夜6時から12時まで)。卓球台がある。などなど。
部屋で料理はできませんが、冷蔵庫とマイクロウェーブが共同ですが使えます。ただし、だれの牛乳なのかわからず、気づいたら自分のものがなくなっていたり、、、ということが起こります。
しかし、実は部屋で料理している人が結構いることが発覚しました。火災探知機にテスコのビニールをかぶせて、持参しているホットプレートをつかってしっかり作っちゃってます。中国人の友達は中華鍋や、乾燥させた魚(1リットルペットボトルくらいの大きさ><;)、を大量に持参していて、なんと水に浸してもどしてから調理していました(さすが)。一度おかゆと茶碗蒸しのような卵を作ってくれて本当においしかったです。
セキュリティー面はすごくしっかりしています。一人ひとりがカードを使って入るようになっているので、大勢が一緒に入るということができません。ゲストはサインをして入らなければならず、出るときもサインしてから出ます。
[PR]
by congeniality | 2005-10-19 09:02 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite