【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

ガイフォークスday―花火―

e0026645_0284725.jpg昨日11月5日はガイフォークスDAYでした。今からちょうど400年前におきた8人の陰謀者よる国王の殺人未遂事件。(400年というのは結構長い!ちなみにこの前のトラファルガースクエアのネルソンは200周年でした)彼らは国会に爆弾を仕掛けて吹き飛ばそうと計画していました。その中の一人がガイフォークス。彼の名前がguy「男」の起源になったといわれている。(というのはニュースダイジェスト情報)
ロンドンではこの時期になると町中で花火を挙げて祝うそうです。11月になってから2週間いろいろな場所で花火の音が聞こえました。+++昨日も町中で花火をやっていましたが、昨日私達が行ったのはWood Green駅(ピカデリーで一本)にあるAlexandra Parkでした。Alexandra Palaceの付近の丘から、下から上がる花火を見ました。丘から見渡す夜景がとても奇麗で、町中の花火があちらこちらにあがるのが見えます。一番おもしろいのは、景色の淵(地平線のような)から見える花火でした。この花火の特徴は「音楽付」ということです。FM曲のDJがPalaceのバルコニーから中継しながら、皆で観賞、という感じでした。静かなところで見る花火と、曲付で見る花火ではまるで雰囲気が違いました。日本の「夏の花火大会」とは一味違う面白いイベントでした^^。熱海で感動した花火と少し比べてみたいと思います。花火の臨場感(上から降ってくる派手さ)+熱海勝利。 人の集まり具合+Wood Green勝利(6000人。そのほか町中でやっているということで一体感があります) 奇麗さ+同点:熱海(海に映える奇麗さ):Wood Green(丘の上から見渡す景色) 雰囲気+同点:熱海(まさに日本の夏の風物詩という温泉街のなんともいえない雰囲気)、:Wood Green(寒いということがマイナス点ですがFMとのコンビネーションが最高。明るい曲もシンミリした曲も花火によく合う。ということでプラス点) 歴史的背景+ガイフォークス勝利
http://www.alexandrapalace.com/ (alexandra palaceのページ)
http://www.capitalfm.co.uk/Article.asp?id=49081#/ (FMのページ。一時的なページかもしれないのでご注意ください。)
http://www.capitalfm.com/article.asp?id=43275より→In 1605, during the reign of James I, there was a period of unrest.  The Gunpowder Plot was a conspiracy by catholic noblemen led by Robert Catesby, to blow up the Houses of Parliament in order to remove James from the throne.  Guy Fawkes, born in York in 1570, was chosen by the conspirators as a courageous, level headed soldier who had been abroad fighting in Spain and Holland for eleven years and therefore relatively unknown in London.  The plot was foiled when the Government were tipped off and Fawkes was caught red handed in the Houses of Parliament cellar with the gunpowder.  Guy Fawkes was arrested, tried and hung in January 1606.
[PR]
by congeniality | 2005-11-07 00:27 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite