【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

BANK ACCOUNT

銀行口座を開くまでの過程。
留学生用の講座を提供してくれているのはHSBCという銀行です。他で開くのは大変難しいと聞きます。オリエンテーションの時期に大学に一番近い支店の方から説明がありました。説明といっても、一言で言うと「オンラインで申し込んでください。そうしたらこちらから手紙を送ります。」というものでした。同時に学校からの手紙も必要ですので、事務所に申請します。オンラインで申し込むのは簡単ですが間違ったページからいくと面倒なことに。(GET FREE iPOD!などというサイト広告が多くてまぎらわしい今日この頃です。友達がI heard Queen Elizabeth got a free i-pod!笑と言っていましたが本当でしょうか;笑) 又、住所変更も面倒なので住所が確定してから申し込むのが近道!その後、待っても待っても何も届きません。そして約一ヶ月くらいたって、郵便が届きました^^。(手紙を送ってくるのは、住所を確認するため。)そうしたら学校からの手紙、銀行からの手紙、パスポートをもっていきます。何か手続きが必要なのかと思いきや「コピーするから待ってて」、とそこは異常に簡単に済みます。その後「また郵便をおくるので待っていてください」といわれ、数週間後、「口座ができました」と通知が。それからしばらくして、「アカウントナンバー」「カード」「チェックブック」「暗証番号」が全て別々に次々と届き、ついに正式に口座が利用できるようになります!結局、少なくとも丸2ヶ月はみたほうがいいかもしれません。
なぜ突然銀行の話をしたかというと、11月上旬から3週間、ウィリアム王子(23)がHSBCで実務経験を積むという発表があったからです。慈善事業の担当部門ということなのでラッセルスクエアの支店で見かけることは期待できませんが。現在はさまざまな分野の仕事を経験し、来年にはサンドハースト陸軍士官学校に進む予定(ニュースダイジェストNo1016より)。
[PR]
by congeniality | 2005-11-16 10:09 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite