【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

寮の食事について思うこと

このごろお腹がすいてしかたありません笑。
朝は大体とばす、昼は学校でかうサンドイッチが通常、夜は寮の食事、というのが普通の日の食事です。学校がないときは昼、インスタント麺を食べたりです。(言い訳:キッチンがないのでつくらないだけです笑)
なのですが、寮の夕飯の量が結構少なめなのです。
そこで思ったこと、、、イギリスの食事って「チキンまたはフライなどのメインに、ポテト」これをだいたい一皿と考えて、あと食べる場合は「サラダなど」といった具合です。つまり、日本で考えたら「おかず」ほどのサイズのチキンでもここで「メイン」とみなされているわけです。もちろんパスタもよく出ますが、パスタをメインとした場合はチキンなどがとれなくなってしまう・・・あくまでもメインは一つなので。ここでは「メインをとったらサイドオーダーとしてはポテトまたはライス。」「温野菜をとる場合はサラダがとれない。」という決まりがあります。もしまちがってとると「お金はらってください」といわれます笑。まあそれは注意ということで。
ふたたび「ご飯、お味噌汁+おかず」という習慣とは異なる「メイン+サイドオーダー+サラダ」という生活にもどって一ヶ月なこの頃です。
[PR]
by congeniality | 2006-01-24 05:07 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite