【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

London International Model United Nations

London International Model United Nations、通称LIMUNが、先週ロンドン大学インペリアルカレッジで行われました^^
ソアスには模擬国連サークルがあり、キングスカレッジなどと一緒に週1で集まっています。そのサークルに入っていれば、かわりにレジスターをしてくれ、参加費を払うだけで模擬国連本番にも参加できます。昨年11月にはOxfordで12月にはCambridgeで行われ(私はCamのほうに行ってきましたが、模擬国連に関してはOxのほうが評判が高いらしい)これらは国内向けでしたが、LIMUNは一応世界向けとなっていて、参加者も規模も大きく、全体で500人くらいです。オーガナイザー(英国国内の大学から代表が集まっていました)の一人はソアスのサークルの代表でもありよく知っている学生だったので、今回参加して彼女のリーダーシップ力を改めて尊敬です。ホームページ上のワーキングペーパー(ドクターくらいの長さ)もオーガナイザーの一人が全て書いたということです・・・><。

オープニングセレモニーヴィクトリア&アルバートミュージアムのホールで行われ、本格的でした。

会議:数個に分かれているので、事前に参加することが分かっていた友達とdisarmamentに決めていました。ここでちがうコミッティを選ぶと、丸一日×三日間ずっとばらばらで、一緒に参加する意味があまりなくなってしまいます。

:ソアスは東洋アフリカ研究所ということもあって、毎年アジアアフリカ諸国がまわってくるそうです。今回何故か「中国」を選んでしまい、責任が重かったです。アフリカにしておけばよかった!と何度も思ってしまいました。やはり常任理事国は他の国から一番注目され、間違ったことでも言ったら大変なことになります、模擬とはいえ。

Most Important!!!
パーティー:二日目の夜はパーティー!!LIMUNの名物になっているテムズ川のボートパーティーでした!!(はっきりいうとこれが一番楽しみでした)→東京でも前からずっと屋形船とかに乗りたいと思っていたほど、「みんなでボートに乗る」ということ自体が、変にクラブやパブにいくよりも楽しそう!だし実際そうでした!
結局、2月のテムズ川の夜は寒すぎるので、みんなボートの下の階のダンスフロアで踊ることになるのですが、「川の上」という事実と「動いている」という事実が最高でした☆
また、模擬国連のパーティーで面白いところは、会議中にすごく強面で発言していた人が、まったく違う姿になるところです笑 それでも次の朝、みんなまた何事もなかったように会議に出席するのでそれも面白い。
[PR]
by congeniality | 2006-02-25 01:10 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite