【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

BBC Studio

今日は、フランス語の帰りに去年から行きたかったBBCStudio見学にやっと行ってきました
というか本当はなにも師走に行くつもりはなかったのに、先月電話したときには予約で一杯だったので、今日になってしまった・・・
学生で一人1200円ぐらいのツアー
平日と土曜、一日に数回実施されていますが、平日の方がテレビ局に活気があるため人気
今日は土曜だったので、ニュースセンターも比較的まったり気味でした
まわった順番に挙げると、
①建物の外観
②ニュースセンター
③スタジオ
④コメディーを撮影中のスタジオを上から見学
⑤ダンスをリハーサル中のスタジオを上から見学
⑥出演者控え室
⑦お天気センター(計2つ)の説明
⑧クイズ番組のセット



①全体の印象は、思っていたよりも、古い建物で一番あたらしく作られたというニュースセンター以外はモダンな感じはあまりしない(とはいっても、世界で初めて「テレビ局」として総合的な建物がたてられたのはここがはじめてという事実にはBBCの偉大さを感じる)
大学のキャンパスのような感じかもしれない
以下の写真が背景になって中継が行われているのをニュースでよく見かけるけれど
この右側が円形の建物になっている
円形にすることで、360度の背景を撮影できる 
e0026645_4215139.jpg


③撮影を行っていないスタジオに入らせてもらった(合計8個あるうちの一つ)
セットがおかれていなかったので、体育館よりも大きい、倉庫のような感じ
トラックで物が運び込めるようにドアも大きい
天井には無数の照明

⑤なんと、、、リハーサル中だったのが、こんな感じで話題になっているDancing with the starsという番組!!!
(芸能人社交ダンス大会みたいな笑)実はBBCのやっているエンターテイメントの中で好きな番組のうちの一つw
テレビで見ていると、どこかの劇場か舞台を借りて撮影しているように見えるのに実際は
まっさらなスタジオに組み立てられたおおがかりなセット
(照明効果もミラーボールもあまりに綺麗すぎて、もうここに住みたいぐらい笑)
e0026645_4222199.jpg

ガラス越しから見た光景はまさに現実の中につくり出された夢の世界だった
まぁ、いくら現実が作り上げた夢だとしても、作成者側と視聴者側の、お互いのイマジネーションが最大限に発揮できてこそTVエンターテイメントの楽しみだ:D
e0026645_3394061.jpg



⑥スーパースター用の控え室のドアは、普通の出演者の3倍以上の大きさ
ドアノブなしの隠し扉のようになっている
更にスーパースター用だから、という理由で大きな星が描かれていた笑

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちなみにロンドン市内にいくつかスタジオはあるけれど
White City駅(セントラルライン)にあるツアーが実施されているこのスタジオが
一番の中心。1時間の番組をつくるだけでも大変なのに国内と国外に向けて24時間止まらずニュースを流しているというのは、どう考えてもすごい
日本のテレビ局は海外のニュースを独自のリサーチ以外にBBCやCNNから入手することができる、反面、BBCはロイターなどのいわゆるSourceを使う以外は全部自分達でやっているのだからどれだけ大きな組織なのかということもイメージできる

日本で初めてCNNロケを見てから約2年
今回の見学では、こういう大学でこういうことを学んだ人が、
セットをデザインしたり、照明を管理したり、プロデューサーになったり、
こういう経験をしたひとがこんなプログラムをつくったり、しているのではないかなー
という大体の想像ができるようになった
まだまだ遠い世界ではあるけれど、ただ雰囲気をみて「わー」と思ったNYのCNNスタジオ見学の時より、
働いている人のキャラクターや仕事内容を若干でも理解できるようになったのは嬉しい

Yuki's status
Yuki is confused by the essay question and the Iranian government in 1980s produced by the revolution.
■■■留学生ブログRankin’■■■
[PR]
by congeniality | 2006-12-03 04:40 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite