【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

ノンライセンス

「ライセンス」と聞けば信頼しますよね。私も昨日まではそうでした。ライセンスは信用があってこそおりる許可だからです。。。でもこちらにきて様々なナショナリティーの人の話を聞いたりするうちに、ライセンスに対する信用を完全に失いました笑^^; 例えば、中国ではどんな国のパスポートでも1週間あればつくれるし、IELTSの偽造スコアは2分あればつくれる、IELTSの試験会場では平気でカンニングや替え玉受験をするし、22歳でマスターのdegreeを2つも持っているという履歴書を平気で出す人がいる、などなど。中国は今とくに結果主義だから手段を選ばないそうです。(中国の批判をするわけではないのですが、そういう現状だからしかたありません。)他にもロンドンでは運転免許証なしで運転している人がしばしばいるし、あきらかにノンライセンスの飲食店もある・・・のです。友達の友達のイギリス人は(もう社会人なのですが)バンコクで2ポンドで買ったStudent IDをもっていて、それがあれば30%のディスカウントにつかえたりします笑 PressのIDカードも買えるそうです(どんなPress Conferenceに侵入できるかしりませんが)。 日本人が誠実すぎるのか、わかりませんが信用しすぎて落とし穴にはまるよりもすべて疑ってかかったほうがいい気がしてきました。こういうことが平気で通用する世界だから、事務を適当にされても文句は言えません。しかし、誠実な人までとばっちりを受けるのは割りにあわないですょね。ノンライセンスといえば、大学の近くに知る人ぞ知るノンライセンスの韓国料理店があります!1階部分を見るだけでは料理をだしていることがわかりません。普通の韓国の乾物を売っているお店で(日本のお菓子などもおいてある)、レジで料理を注文して地下におります。(メニューは2品だけしかなくて、3ポンドくらいでビビンバか、野菜か選ぶ。キムチはついてくる)その地下がまた怪しくて、いかにも自分で録画した韓国ビデオがずらーーーーーーっとならんでいて「貸しビデオ」のようなことをやっていて、カラオケを改造した部屋もあり、そこに机が並んでいます。地下で待っていると「やすくておいしい」ビビンバがでてきました!!北朝鮮の潜入取材でもしているような雰囲気でしたが学生はよく利用している様子です。また是非いきたいです。さて、ノンライセンスを合理的に生きていくための手段として使う分には良いとみなすか、不法行為として真剣にとらえるかは人次第です。私はどちらを選ぶか今考え中です。笑!!!
[PR]
by congeniality | 2005-08-19 08:26 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite