【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

イスラームと民主主義

Islam and Democracy
Fear of the Modern World
イスラームと民主主義 近代性への恐れ
By ファーティマ・メルニーシー著
私市正年・ラトクリフ川政祥子訳

もっと詳しくまとめたいのですが、、時間の関係上なるべく手短に箇条書き・・・

女性の目、市民の目、学者の目、でイスラムと民主主義について研究されている
優しい文体と、詩や物語を引用しているところから、随筆らしさも感じられる
反面、内容はイスラム社会以前の女神の研究にまで及び、歴史書にもなりえる
イスラム以前の社会とベールによって閉ざされた現代の女性達を結びつけ、
またおなじベールというテーマで、境界線のなくなった現代の世界を問う
それは論理的であり、哲学的
イスラムの平和は肯定と否定の間に保たれるものなのでもろく壊れやすいという
「イスラムは肯定的な柱(服従、平和)と否定的な柱(暴君、無秩序)の均衡の上に築かれているP168」
個人の思想や欲望よりも全体の調和を考える、という思考は進みすぎた資本主義よりもどんなに優しい空間がもたらされるか、と共感を呼ぶ反面、議論に基づく民主主義を考えた場合、西洋的に考えれば「個」はその主たるものであるから相容れない、ということは明確である

西洋に対するフラストレーションも優しくではあるが強く表現されているので説得力がある
言語から物事の捉え方の違いを説明していくところも面白い
―例えば、現代の民主主義には欠かせないであろう「政党」
アラビア語では<ヒズブ>と呼ばれるが、それは「同盟して預言者に対し陰謀を企んだ者達」という観念を含意しているらしい
―又、大統領という意味の<ライス>は、英語のプレジデントの意味する人々の前(Prae)に座る(Sidere)という意味からすべてのものの頭という意味になってしまっている

イスラムの典拠としてコーラン、民主主義のそれとして国連憲章を比較するのも分かりやすい

―――
訳者あとがきにイスラームと民主主義の四つの立場が示されている
1)西欧民主主義の存在を前提とした上でイスラームがそれと矛盾せず内在的に民主的であると考える(そのため、民主主義を「イスラーム化する」とも言い換えられる という立場
2)イスラームと民主主義は両立しえないとする考え方(人間に主権があるのではなく主権は神にあるべきである)
3)イスラームには世俗的な西欧民主主義とは違う、イスラーム民主主義があると考える立場
4)1~3とは異なり、世俗主義的立場からの民主主義論
どれかに分類するとすれば、著者は4寄りの立場であるという
[PR]
by congeniality | 2008-08-20 00:53 | Middle East
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite