【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

The Idea of Iran: traditions and innovations in early Islamic Persia

Speakers:
The Good, the Bad, and the Beautiful: survivals of ancient concepts in Persian popular tales of the Islamic Period
Professor Ulrich Marzolph, Professor of Islamic Studies, Georg-August-University, Göttingen & Enzyklopädie des Märchens.

Philosophy and the Iranian Intellectual Worldview
Professor Hossein Ziai, Professor of Iranian and Islamic Studies, Director of Iranian Studies, UCLA.

The Arts in or of Iran in Late Antiquity (600 to 1000)
Professor Oleg Grabar, Professor Emeritus School of Historical Studies, Institute for Advanced Study, Princeton.

Transformations of the Snake-man: myth, language, and Iranian identity
Professor Martin Schwartz, Professor of Iranian Studies, Department of Near Eastern Studies at the University of California, Berkeley.

Sandbad-name: a Zurvanite cosmogonic legend?
Dr Mohsen Zakeri, Research Fellow, University of Frankfurt.

The Samanids: the first Islamic dynasty of Central Asia
Dr Luke Treadwell, University Lecturer in Islamic Numismatics and Curator of Islamic Coins, Ashmolean Museum.

( http://www.lmei.soas.ac.uk/home/index.cfm?navid=6 )

毎年恒例のイランシンポジウムが週末行われた
政治のレクチャーだけ聴いていてもその土台となっている文化や歴史が疎かになるので
予備知識がほとんどないまま遊びにいってみた
プリンストン大教授のアートの講義が面白かったし、
イランがイスラム化する以前のセントラルアジアとしてのアイデンティティーも
研究技術が進んでいるからこそ寛容にとらえていくきっかけとしていければよい、
と、研究の道を長年切り開いてきたであろう生きる化石のような人にいわれると妙に納得してしまう
西洋であって中東であって東洋であるという微妙な位置関係によって
イランとは何か、何をOtherとみなしてイランを定義するのか、ということが最大の焦点となる
言語だけをとっても、アラビア語の表記を使うことにしても、ペルシア語の音を色濃く残しているという 
ちなみに、研究者建ちにはSocialiseイベントとして知られていると思うけれど
(ネームカードを見るとDrやProfばかりだし)参加費無料の学生にとっては
休憩についてくるサンドイッチがハイライトだった
[PR]
by congeniality | 2009-01-26 01:15 | Middle East
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite