【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

Offside

e0026645_1022149.jpg


今週はPersianSocietyがFilmFestivalと称して連続でイラン映画を上映しているので一つ目Offsideを観て来た
MiddleEasternSocietyのFilmNightと被っていたのでそちらにはいけなくて残念でしたがOffsideは前からすごく見たかったので今日見られて満足

あまりDepressingではなくて、ユーモアが混ざっているのに政治的問題をしっかり捉えていて素晴らしい映画だった。男装している女の子達もとてもチャーミングだし、(サッカーのスポーツなどで湧き上がるナショナリズムにはもちろん排他的な面もあり過度なものは問題になるけれど)スポーツや感動などで皆が一丸となって政治的な意味で解釈された男女のルールなども乗り越えられる一歩にはつながる、というポジティブな一面も見て取れた


e0026645_10355730.jpg

映画の内容とは関係ないけれど中東やインドなどで撮影された映画はやはりハリウッドと全く違った写され方をしているので面白い。というか、私の中で以前映画は「邦画」VS「洋画=ハリウッドときどきフランス映画」という分類しかされていなかったのが、中東やアジア映画に幅が広がった。ただ、ハリウッドではない=なんでもドキュメンタリーぽく見えてしまう、という先入観がまだある。アラブストリート(これもかなり一般化された表現で現実の多様性を無視している言葉とされるが)に人が暗くなってもたむろしている様子など、やはり中東ならではだなあと思うし、いろいろな面で中東っぽい、と思ってしまうのが、きっと西洋人が日本っぽい(=現実とはちょっとずれる)と思って好む感覚と似ているのだろうと思う。こういう感覚を乗り越えること自体難しい問題だけれど、大学での映画上映のいいところは、実際その国出身の人と一緒に見られる、ということ。そうすると彼らのリアクションで、自分の捉えかたと実際その国出身の人の捉えかたとのギャップを比べることができる。もちろん彼らも海外(この場合イギリス)に住んでいるということで客観的に見ているとも思うけれど。
 
[PR]
by congeniality | 2009-03-03 10:36 | Middle East
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite