【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Life in UK(general)( 117 )

Dive

大学のジムで始めたダイビング講習
先週は無料体験をしてきました
すごい・・・029.gif
いくら場所は海でなくプールとはいえ、プールに入る前のシュノーケリングしか知らなかった自分と、30分弱水中でダイビングをした後にプールから出たときの自分が見た景色が
まるで宇宙に行く前と後かのように違ったのに驚きました
空の向こうにも宇宙が広がっているけれど
海底にも別世界が広がっているという表現がよくわかる
それがプールというきわめて人工的で殺風景な場所でも、普段’陸’で生活しているものにとって
水の中で継続して何分か過ごすという経験だけでもかなり特別なものと感じられるのです

肝心の装具、陸では重くて一人で運ぶのもやっとくらいの酸素ボンベ、
それが水中では背負っても苦にならない!
ただ全体に仰々しい感じがするのは否めない
ダイビングに関する知識が増えればもっと負担が軽くなるかもしれない001.gif
[PR]
by congeniality | 2008-10-12 21:32 | Life in UK(general)

東京ディズニーランド研究

友達(日本人)の友達(イギリス人)が地理学を専攻していて日本の東京ディズニーランドをテーマに研究をしているというのでインタビューに協力してきた
地理学を専攻している人にあったのは初めてかもしれない
中学の地理の授業といえば先生がマングローブの林の絵を黒板に書いていたことくらいしか
鮮明には思い出せない039.gif
一体なぜ地理を専攻することに決めたの?と聞いてみたら
当人は広告やマーケティングやデザイン関係に携わりたくて学部を探したが
どれもAレベルで数学を要求していて、数学をとっていなくてもそれに関連する学部、ということで
地理という選択肢があったようだ
確かに地球にあるものすべてが地理で説明できるのだからとても包括的な科目だといえるし、
彼女も言っていたように、単にジオという語頭をつければ政治でもGeoPolitics!地理学になってしまうのだ

今までテーマパークというものを「分析」したこともなければ
それに疑問を抱いたことすらなかったけれど「今まで訪れたことのあるテーマパーク」を
挙げるだけで、相当いろんなところで遊んできたのだな、と実感した

ディズニーランド
ディズニーシー
後楽園
豊島園
ナムコナンジャタウン
ナムコワンダーランド
花やしき
横浜コスモワールド
葛西臨海公園
ベニーランド

チボリ公園(コペンハーゲン)
Alton Towers(イギリス中部)

それでも私は富士急、ジブリの森、ピューロランドには行ったことがないが
きっとテーマパークというものの定義を幅広くすればもっと数があげられるに違いない
アンケートに答えるために今まで訪れたテーマパークの特徴と類似点をいろいろ考えてみた
やはり日本のテーマパークの大きな特徴は「食」と「グッズのお店」が充実しているところにある
文化とあわせて考えると、日本の夏祭りの「やたい」などと共通点があるように思う
(唯一あまりそういったものがないのが葛西臨海公園で、ここは逆に学校での遠足などに
利用されることが多かった
葛西臨海公園に友達同士でいこう!ということにはとりあえずならなそうだ)
イギリスのテーマパークAltonTowersに行ったときに、食べ物を帰る場所が本当に限られていて、しょうがなくケンタッキーに行った
みんな乗り物さえ充実していれば食事なんてケンタッキーで充分、という雰囲気で
私は理解に苦しんだ 
その時はあまり深く考えなかったが根底には日本のテーマパークの食の充実とクオリティーの高さがあるのかな、と思う


また、友達の友達のリサーチの中に
ディズニーランドがどこまでアメリカの影響を受けているか、という質問があった
私はアメリカのディズニーランドに行ったことがないからよく比べられないが
知らず知らずの間にアメリカの文化が日本に取り入れられ、今では染み付いているような
感じであることにも気づかされた
染み付くというのは良い意味でも悪い意味でも、「日本にあうような形に発展し受け入れられた」
ということだ
その点、私が近年訪れてものすごく気に入ったのがコペンハーゲンにある
チボリ公園だった
もし、チボリ公園のコピーがそのまま日本にあってもあまりはやらないのではないかと思う
その分、ヨーロッパと違ってアメリカの商業主義、エンターテイメント性は日本に根付いた理由がよく分かる
現在は経済も混乱状態にあるけれど、今までその拡張主義的特長と経済のパワーで
アメリカのグローバル化が実現した様子もなんとなく繋がって見えてきた

少しあって話す予定が、ディズニーランドについて今まで訪れて感じたこと
見た事、経験したこと、とにかく話す内容が多すぎて結局2時間話しとおしてものすごく疲れたwww 
けれど、せっかく言葉にするなら少しでも意図したように伝われば嬉しい
そしてせっかく日本のテーマで調べものをしている人がいるなら頑張ってほしい
今まで考えたこともないテーマについて考えてみるいい機会だった
[PR]
by congeniality | 2008-10-07 06:26 | Life in UK(general)

Part time job @ Uni!

以前から大学構内でのバイトをやってみたかったのです
新入生を案内するAmbassadorなどは夏休みを削ってまでは応募したくなくて今まで全然かかわってきませんでした015.gif
やっと見つけた学期中のアルバイト
LanguageLearningのスタッフで各国のニュースを録画してアーカイブにしている部屋の仕事という最高の条件・・・!!
週にたった数時間だけだけれどStaffの側になってみるというのはおもしろい経験だと思う
生徒から質問を受けるのも楽しいし、今まで大学はとてもIndividualなところだと思っていたけれど少なからず母校に対する愛着とか居心地のよさが芽生えている
というのと、単純に最終学年というのが好きなのかもしれない026.gif
小学校6年、中学3年、高校3年というのはそれぞれのびのび楽しかったのと同じく
そして学校の内部の仕事に少しでもかかわるとやっぱり学問のために人が募っている場所って
素敵だと思うし(ただの祭り好きなだけかもしれない傾向は大いにあるが)
学問=絶対的な真実を教える場ではなくて、多様な意見が集う場所 と定義するならなお更
大学とはその具体的な形であって、政治団体よりも、経済団体よりも、魅力的なのかもしれない
とも思ったりする
[PR]
by congeniality | 2008-10-07 05:48 | Life in UK(general)

Back in London!!

こんにちは!!
先週イギリスに戻ってきました
新しいフラットもやっと少しずつ落ち着いてきた感じ

◆手続き関係
昨日からFreshers'weekで
TuitionFee支払い、CourseRegister、などなど
去年まではあったのに今年から突然消えてしまったコースや
コースを取るための必要条件に変更があったコースも・・・
大学にはせめて3ヶ月前に最終決定を出しておいてほしい
ちょうどExamが終わって忙しい時期なのはわかるけれど
こんなに変更があると夏休み中に下調べや準備もしにくい

◆語学関係
アラビア語のコースを、学位の一部としてではなく、個人的に取ることにして
EveningCourseにレジスターするためレベルチェックを受けてきた
私の場合グラマーの知識とスピーキングのレベルが比例していないので
グラマー的にはすでに学習したポイントがほとんどだけれど、そこで
スピーキングを強化するように言われた
Intermediateの1と2の調度中間ぐらいに位置しているみたいで、
先生も相当悩んだ結果、予習をしてから出席するという条件で2に入れてもらえた
EveningCourseのはずが、なぜか週末の午前中に笑

◆友人関係
まだまだロンドンに戻っていない子が多いのであまり沢山会っていないけれど
空港についた途端にStudentAmbassadorとして働いている友達が
新入生の案内のために出迎えに来ていたり、一年中国やアメリカに留学していた人達が戻ってきたり、卒業したはずの人達が院に入るために戻ってきたり、
その反面、去年までロンドンにいたのに帰ってしまってもうここにいない人達
いろいろと移り変わりを感じる時期でもある


◆政治関係
先週末からマンチェスターで労働党の党大会が行われていて友達も参加している
テレビではそれ関連のニュースばかりで、さっきもブラウン首相のスピーチが流れていた
今週末からは保守党の党大会があるらしい
2大政党が両方とも盛り上がっている健康的な民主制度が羨ましい
そういえば、日本でTV放映されていた、「奥様は首相」こと「TheAmazingMrsPritchard」、
(BBCで2006年に放映されたもの)こちらにきてから最終回まで見てみた
全6エピソードととても簡潔で、終わり方も結構好きだった
労働でもなければ保守でもない第3政党の話だけれど、実際のイギリスの政治の裏側が
少し見られたような気もして、現在のニュースを見るのも更に面白くなった★★★★★


◆娯楽関係
娯楽というより勉強のため、
もうすこしで夏期上演が終わってしまうシェイクスピアの野外劇場に初めて行ってみた
観たのはTimon of Athens。事前にストーリーラインをチェックしてから行ったからよかったけれど、ほんとーーーに難しくて何を言っているのかさっぱり・・・ただ、「月と同じく、放つ光がなくなって変わったのだ。 だが、月はまた満ちるが、私は欠けたままだろう、光を貸してくれる太陽が私にはないからな。」という名ゼリフはちゃんと聞き取れました^^;

劇場そのものはそんなに大きくなくてびっくり
その代わり、立見席なども含め、観客との一体感がすごい!
普通に観客が通る入り口から出演者が出入りしていたり
3時間以上あったし、台詞もまともに分からないのに、
何か惹きつけられるものがあって、全然飽きなかった
そして建物も、客席の椅子にも釘のかわりに木の杭が使われていたりととにかく古き良き、という感じ
更に、野外なのに3階席くらいまであって屋根が高いので風が遮断されてそんなに寒くない
夏の終わりに観られて良かった
今度チャンスがあったら是非夏の夜に一度行ってみたい
[PR]
by congeniality | 2008-09-24 08:20 | Life in UK(general)

ペンギン

大学の教授達はよく自分のオフィースのドアや廊下にOfficeHourのお知らせの他に写真や切り抜きを貼っていることがある
International Politicsの教授がAntiマクドナルドのポストカードを貼っていたり
さっき調度今年選択していた中東政治の超尊敬する教授の部屋の前に貼ってあったCartoonを探せたのでUp
イラクのエキスパートと言われて取材にもひっぱりだこの教授が自分でこのCartoonを貼っている余裕とユーモアに、ただ勉強して真面目なことを語ること以外の教授の存在と役割が見え隠れしている と思いながら私はいつもそのオフィースの前を通る
e0026645_482596.jpg

[PR]
by congeniality | 2008-07-24 04:09 | Life in UK(general)

深夜のラジオニュース


23:00GMTで流れているWorldTodayという番組をよく聞く
インターンをやっていたときも日本の科学者が発明したSpiderSocksの話題を取り上げたが、
今晩も日本の発明がとりあげられていた
北海道にある、その名も、

メロディーロード・・・・


(正確なスピードで走ると道路から音楽が流れる仕組みになっている、早すぎてもだめ、遅すぎてもだめ、らしい)

インタビューの後に、
プレゼンターが、
「ステレオタイプを言うつもりはないけれど、ほんとにいかにも<日本>らしい発明ですね、、
一見無駄なようなことでも、本気になって開発して、エキセントリックともいえるような、、、
でもそれが素晴らしい発明や応用につながったりして、、、」
「確かに、これはスピード違反を叱るよりも、ただしいスピードで走った人へのリワードともなりますよね」
(正確にメモしたわけではないのでかなり意訳ですが)
まさに的確なコメントで笑えたw


やはり日本に注目しているニュースには目がいく(ラジオの場合、耳がいく?)


WorldTodayは硬いニュースから面白い話題まで取り上げているからなんていい番組なんだろうと再び思った夜でしたwwww
プレゼンター次第でニュースの見方や新しい視点が提供される
WorldTodayのプレゼンターはそれがテレビよりも強調されていて面白いと思う
その日中なら聞きなおしもできるのでぜひhttp://www.bbc.co.uk/worldservice/へ

この番組をネットで聴いているとあっというまに0:00GMTになってしまう
それから時刻は○○GMTですという言い回しも癖になってしまう
[PR]
by congeniality | 2008-03-25 08:53 | Life in UK(general)

ターム2終了

038.gif2学期が無事に終了しました!038.gif
BUt最後の最後で課題のために授業に行かなかったのが心残り034.gif
それでも間に合わずにReductionされるよりはよし
2学期末は課題提出が重なるのでコンピュータールームもこむし
みんな忙しくて掃除もできないからキッチンは汚いし020.gif

さて少し休憩したら春休み中の課題へととりかかろうと思います
今週末は開発系のイベントU8とStPatrickDayが待っています


春休み中に必ずやること
□試験勉強(とくに経済的知識/日本語→3月20日まで)

□イスラエル会議のレポート→3月末まで

□ラジオ製作4月14日まで
 (下調べ/構成決め/インタビュー手配/録音/翻訳/録音) 

□政治倫理の課題4月14日まで
 (タイトル決め/文献探し/文献読み/構成/まとめ/書)

□アラビア語の試験勉強4月15日まで
 (単語/文法/作文/読解/過去問)


春休み中にやらなくても生きてはいけるけれどやらなければいけないこと
□試験勉強のリバイズ項目を決める
(国際/倫理/中東)
□必読の文献を理解していないところを残さないように読む

□中東を重点的に復習しライティングを強化する
できれば春休み明けに質問しに行く

□アラビア語をまとめる


春休み中に絶対読み終わりたいもの
□1984

春休み中に必ず読みはじめたいもの
□Iraq史
□中東Media論×2



書き出してみるとほとんど時間がなさそう015.gif
気を抜くのは今週日曜の午後までにしよう




つづく
[PR]
by congeniality | 2008-03-15 01:28 | Life in UK(general)

Japanese Restaurant 比較


←クリックよろしくお願いします

めずらしくレストランレビュー
ジャパンセンター、買い物ではよく利用しますが初レストラン利用してみました
が、、、おいしいけど高い!!
ご飯物のメインが約£10とは他の日本食料理店とくらべると高いと思う
Tottenhamの一休ならセットメニューで同じ量でもうすこし安いはず
NewBondStreetのなごみならアラカルトで数品注文すると最低10は超えてしまうけれど
高級志向とわかっているから納得できる
そういう意味で高級か庶民的かどっちつかずのJapanCentreのメニューの価格はもう少し低いことを希望
[PR]
by congeniality | 2008-02-18 23:08 | Life in UK(general)

Reading weak

タイトル、わざとスペルミスしてみました
先々週エッセイを提出してから週末→Reading Weekに突入し、一週間お休みでした
休みは好きだけれどReading Weekはあまり好きじゃない・・・
この中休みは、変に緊張が緩むので偏頭痛がおきたり、
かといって休むと勉強から脱線してしまったり、

でも、、友達と一緒にすごすには最適な一週間003.gif
昨年とほぼ同じ日程で日本から友達が上陸
□高校時代の友達とディナー
□マーケットなどを観光
□久しぶりのHarrods
□テムズ川に浮かぶ船で食事→http://www.squaremeal.co.uk/venues/london/view/23651/Rs_Hispaniola
Address Victoria Embankment, WC2N 5DW
Tel 020 7839 3011
□Musical!
などなど、けれど今年は家でゆっくりすることも多くて
料理もできて快適でした
また来てね016.gif

さてReading Weekもあけたので本気で勉強モードにきりかえます
ここまでのんびり楽しめたのだからあとは学期末まで4週間ペースあげるのみ
[PR]
by congeniality | 2008-02-18 22:41 | Life in UK(general)

Benazir Bhutto's Memorial

e0026645_20124626.jpg


昨年12月27日に暗殺されたBhutto元パキスタン首相の追悼会が大学で行われたので行ってきました
パネリストにはBhutto氏とOxford大学時代に生徒代表を一緒に務めたこともあるという旧友で作家のVictoriaSchofieldをはじめ、Dawnの報道記者など みなそれぞれ彼女との思い出やこの事件に対する怒りを語ってくれました
(上の写真の手前に写っている手はVictoriaさんだそうです)

「まだ亡くなったと思いたくない人の話、自分の中ではまだ生きている人の話をするのは本当に辛い」というコメントから始まったパネルディスカッションで、Bhutto氏がどんなに暖かくてカリスマがあり、パキスタン史、世界史を語る時に欠かせない人物なのかも伝わってきた
大学生の他にも関係者やゲストが沢山集まった会場で彼女の死を悼む気持ちが一つにまとまった
その反面、ディスカッションの後半で、さてパキスタンの将来はどうなるのか、次の選挙はどうなるのか、誰がこの事件を起こしたと考えられるのか、という話が持ち上がるとすぐに、
それぞれの思いと感情がばらばらになっていくのを感じた
緊迫する状況だけに人々のやりきれない感情は怒りや暴力にも変わってしまう
しかしそれだけはBhutto氏の望むことではないと思う

このイベントを企画したパキスタン出身の友達は
冬休みの休暇中でちょうど国に帰っていて事件当日イスラマバードにいたという
彼女はBhutto氏追悼会を主催しながらも、後継者が家族間で選ばれていることなどまだまだ
民主主義といえない問題点や、ムシャラフ大統領政権の良い点悪い点も冷静に評価していた

一つの政党を応援することも大切だけれど両者の問題点をみつめながら学び、
判断のできる市民として政府を選ぶことが大切だ

イベントを企画した友達の視点は、そういった意味で、「軍」ではなく「人々」の意思決定が反映される政治体制をつくろうとしていたBhutto氏の思いと共通するのではないかと思う

e0026645_2321748.jpg

[PR]
by congeniality | 2008-01-19 20:39 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite