【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Review( 91 )

資本主義崩壊の首謀者たち

広瀬隆
不均衡な世界、経済、政治、について問題があげられることは多くあるが「何故」その不均衡さが生まれたのか、ということを解明する試みがなされていて面白い。何もかも「対立構造で見る」ことには弊害があるけれど、この本では立場をはっきり決めているからこそ、資本主義崩壊の「首謀者たち」の追及をすることができていると思う。
景気回復すればみなにとってよくなると思いがちだが、景気回復しても格差が縮まらなければ大部分の人の生活はまったく向上しないという意見とデータには説得力があった。
[PR]
by congeniality | 2009-10-04 17:22 | Review

BRUNO

[ロサンゼルス 12日 ロイター] 映画スタジオの推計に基づく7月10日―12日の北米映画興行収入ランキングは、英俳優サシャ・バロン・コーエンがゲイのファッションモデルに扮した「Bruno(原題)」が、3040万ドル(約28億2000万円)で初登場1位となった。


昨日は普段よりもアクセス数が多かったのですが何故だろう・・・
それはさておき、公開されたばかりのコメディー映画Brunoを見てきました・・・・
くだらなすぎてどうしようもない けれど、そのくだらなさが普通に通用している社会のくだらないルールや前提をひっくり返してくれる感じもする
Ali GやBoratの時のほうが面白かった気もするけど
Brunoという全く違うキャラクターに見事になりかわっていてすごかった
[PR]
by congeniality | 2009-07-14 04:51 | Review

Romeo & Juliet

冬の間閉まっていたグローブ座が開く時期になったので定番ロミオとジュリエットを観てきました(立ち見で)(かなり前の話)
RoyalBalletでロミオとジュリエットを観た時のすごい満足感と比べて
長いわりにはあまり満足感がなかったのはやはり言葉が分かりにくいというのが大きな原因だと思う
が、、レビューを見てみたらかなり冴えないということばかり書いてあった
ということは言葉の問題はあまり関係なかったのか・・・
http://londonist.com/2009/05/theatre_review_romeo_juliet_at_shak.php
[PR]
by congeniality | 2009-06-01 06:16 | Review

IMAX!

ウォータールー駅から徒歩1分のところにこんなものがあります
e0026645_5585790.jpg

ロンドンImaxシネマ!!
ImaxとはカナダのImax社が発明した巨大スクリーンで日本にもImax映画館は数箇所ある

観たのはStarTrek
普通だったら興味ゼロのSF系映画だったがImaxのスクリーンで観た為に感動
普段好きにならないジャンルの映画までもが良く見えるすばらしすぎる映画館
もう普通の映画館では満足できないかもしれない・・・044.gif
学生割引だと£10で、普通のところと£2~3しか変わらないのに満足度が相当高い
[PR]
by congeniality | 2009-06-01 06:05 | Review

Angels and Demons

032.gif天使と悪魔031.gif
ダヴィンチコードに続く天使と悪魔
謎解きの映画は頭を使うからいい
小説として読む予定はなかったから最初にビジュアルで観てしまっても良かった
ヴァチカン市内と広場や教会の表と裏まで見えて面白い
宗教も科学も人間の歴史はやっぱり奥が深くて学ばなくてはいけないことばかりだ・・・
いくら大学で文系の科目を専攻してもまだまだ百科事典の1ページ目も知らないような気がする
[PR]
by congeniality | 2009-06-01 05:53 | Review

Vicky Christina Barcelona

Vicky Christina Barcelona
ペネロペが出ているというだけで見に行ってみたものの、私の好きなジャンル(ただのコメディードラマではなくてストーリーが工夫されていてテンポがいいけれど暗い話でもなくてバイオレントでもない、そして映像がきれい)だったので満足 そして見事ペネロペがオスカーでSupportingActを受賞! でも、印象としてはスカーレットの方がSupportingRoleだったような感じもした それだけ、スカーレットは個性的な役のペネロペと対照的にそんなに個性的になりきれないちょっと普通の女の子をよく演じていたなあと思った 普通を演じるのは非凡を演じるよりも難しいと思うから あと、スペイン(というかラテン一般?)の思ったことをかなりダイレクトに発言する文化も台本にすごくうまく現れていた 日本人だったらうまく切り返せず多分笑って流すか失礼な人だとおもってその後親しくならないだろうな、という会話のやりとりも沢山でてきた
ちなみにオスカーでいくつも賞をとったSlumdogミリオネラはこのまえレビューを書いたとおり好きだったけれど、やはり映画がすばらしくてもインドに貧困はそのまま残っているわけなのでなんだか皮肉な気もする 出演した子供たちが日本円にして一日100円ほどしか貰わなかったという話も持ち上がってきている理由もわかる そういえば昨日のNHKニュースが珍しくその話題を取り上げていた 国内ニュースの途中で突然こういう話題が挟まってきたりして未だにNHKが何をNewsworthyとしているのかがつかめない もう少し研究が必要です・・・
[PR]
by congeniality | 2009-02-24 22:12 | Review

Team America -World Police

e0026645_0331312.jpg前回のシリアスな映画の次にTeamAmericaをもってくるのはどうかしているのですが・・・
TeamAmericaはSouthParkの製作者が手がけた作品
くだらなくて面白いNo1
くだらない現実を皮肉っているのか映画自体がくだらないのかの紙一重のところがいい
でも、人形の表情も人間のように喜怒哀楽が表現されていてすごい技術だし
パリやカイロの様子もよく観察されているからこそ繊細に描写されていてすごい
現地の人が見たら正確な描写とはいえないと思うからそれがアメリカ人の目に写った異文化だということを認識して見ることが必要だと思うけれど

さてリーディングウィークの週末も近づいてきているので現実(=図書館)に戻ります
[PR]
by congeniality | 2009-02-14 00:33 | Review

The Kingdom

The Kingdomサウジアラビアでのテロを解決するためにFBI捜査官が派遣されるという話だが、、、始まり方はすごく良いのに後半が酷過ぎる 
レビューで7ポイント以上とっているのが信じられない
ステレオタイプをそのままコピーしてペーストしたようなストーリー展開に、
映像効果でさらにステレオタイプを膨らませてしまったというような感じ
[PR]
by congeniality | 2009-02-09 22:32 | Review

Slumdog Millionaire

週末公開されたばかりのSlumdog Millionaireを観てきました
映画館でお金を払っても見てよかったなと久しぶりに思えました
インドのスラム生活の厳しさと、富裕層が貧困層に抱く曲がった感情とが両方上手く映し出されていて一個人の運命と社会の交わり方を見直せる作品でした
よくありがちな貧困層から這い上がった成功者の物語ではなくて一ひねりされているところがよかった
[PR]
by congeniality | 2009-01-12 20:40 | Review

‘Journalists are the confessors of the public’ says on Foucaltian

‘Journalists are the confessors of the public’ says on Foucaltian
by Chris Dent

フーコーが定義したPower(支配するためのPowerではなく、相互関係から生まれるPower)
と、ジャーナリストの役割とは何か、を対比させている論文
実践を通して主題が決まっていく
外側からの要因、内部からの要因、そのどちらにも当てはまらない要因が互いに抑制しあって
実践というものを作り上げる
仮説を実証するために、実際には外部要因として「真実を追究しようという目的」
内部要因として「編集長やマストヘッドとの関係」、どちらにも当てはまらないものとして「道徳感」
などがあげられていた
西洋の人々に真実を暴露させようとすることへの執着心
メディアが担っているその役割の大きさにも着目していた

英語での文献で、Civil Societyとか、Member of Publicとか、頻繁に出てくるけれど
「私」と「公」の線引きやそれぞれの役割や含意するものが日本のそれとはかならずしも一致しない気がして、そのギャップを埋めるのにいつも時空を行ったりきたりしている感じがする・・・
とても漠然とした感想だけど、もっと追求したらなにか得られるだろうか044.gif
[PR]
by congeniality | 2008-10-06 08:52 | Review
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite