【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

私物公開 vol1:生活編

e0026645_10481135.jpg
①ファイル:キャンパスで購入。はたしてちゃんと大学生になれるのでしょうか。
②リンスインシャンプー:2IN1という一種類しか、リンスインがスーパーにおいていない。なぜ細かいことを気にしないイギリスなのにシャンプーだけはトリートメントとわけるのが主流なのかいまだに不思議。
③ボディーソープ:ダブ!!匂いが強くて好き。
④ハンドソープ:かわいかったから購入。ニモ!?オクトパスが入っている気持ち悪いのも売ってました。
⑤目覚まし時計:これがないと命にかかわる。20ポンドもしたのですが一番大切で長く使いたいものなので。側面には“GET UP OR DIE!!”と書いてあります(書きました)
⑥ラジオ:もうすぐ寮を出るひとが1ポンドで売っていたのを無料でいただきました。たまに音が自然に消えたりしますが、夜はラジオを聴いている。その方にヒーターも20ポンドで売ってもらいました!
⑦WINDSOR城に行ったA子さんのおみやげ。やさしい!ありがとう!さっそく今日パンをオーブンから取り出すときに使いました。
⑧ケータイ:日本にいたときに既に契約をすませてきておいたもので、SIMカードが入っていて、機種はこちらのもの。現地で購入しようとすると結構手間取るのでこれは便利でした。でも現地のものにはいろいろな種類があって、映画の割引に使えたりするものもあります。ちなみにオレンジカードやバナナカードと呼ばれるもの。
⑨日本時間
⑩雑誌の切り抜き:左の人の顔に注目!!!!!できる方は是非拡大してみて下さい。小池栄子にそっっっくりなのです!!!!(ただそれが言いたかっただけ笑)
⑪トマト:リンゴより食べやすくて好き。
⑫Vaseline:乾燥気候には欠かせない。手専用とかではなくてすべてに応用できるところが楽。
⑬水:台所に水を沸かす機械があるので、(石灰を取り除くらしい)特に買う必要はないのですが一応…。水道水を飲むのはよくないみたいです。でも沸かしたものは飲んでいます。あまりよくないとおもうのですが。。。
⑭みんなが無関心ではいけないと思うことはなんですか:2005年版。三重県から来た友達にもらいました。このページでは自民党10人、他各5名に聞いていますが、常任理事国入りについて触れている人が与党から3名。憲法について触れたのは社民3名と共産党2名。というように党の特徴が表れています。一方で、人間性について答えた人も5人を上回っています。他のページの、街頭の人バージョンには、路上駐車から世界平和まで、さまざまな個性的な意見がありました。私は、政治的な事柄だったら「民主主義のパラドックス」か「政教分離」、人間性だったら「柔軟と軟弱は違うもの」か「優しさを持った強さ」を挙げたいです。でもはっきり言って、無関心ではいけないことがありすぎて絞れません。
[PR]
by congeniality | 2005-08-30 05:02 | Life in UK(general)

文明の衝突

サミュエル氏が執筆した論文。日本語版を読んでいたのですが、途中まで読んだところで時間切れになり結局重くて持ってこられませんでした。途中までしか読んでいないのでコメントする資格はありませんが、書きたいと思います笑。。。(実際、「異なった文明は衝突する。最終的には同じ文明同士がくっつく。」という著者の結論を証明するために、沢山の資料や文献が引用してありましたが、だいたいのことはわかったので途中まででも大丈夫(?)ということにしておきます)

読んだ感想としては、納得させられる部分も多いし、「中国や韓国は同じ文明だから最終的にはくっつくが、日本は文明の違いから孤立することになるだろう」という記述は自国の未来を案じる市民としてはとても興味を引く内容です。また、少し前に書かれた現在の予測があたっていたりするところもあります。(付け加えると、知識や経験が著者とくらべて、比べるのもおぞましいほど少ない私にしてみると、知識を吸収しながら読まなくては!という強迫観念がつきまとうので記述のままに情報として読み取ってしまう場合がありました。)しかし!!!今日のチュートリアルの授業で先生が完全にこの論文を否定したのでした笑。しかも否定の仕方が結構激しく、stupidという単語まで飛び出していました。彼のポイントでは、同じ文明のinsideで起きている対立のほうがよっぽど多いということです。本の中にも、文明の違いを定義したりどこを境に分けたらよいかについては非常に難しい問題だと断られてはいましたが、どこまでさかのぼって語るのかということから議論がはじまる問題なので確かに無駄な議論かもしれません。(こうやって、今度は教授の意見に傾いている自分を客観視すると、自分の知識の絶対量の不足のためだという原因にぶち当たるのですが…;;)ひとつだけ自分の意見を言及すると、「資本主義と共産主義にわかれていた~ある意味理解し易い構造~が崩壊した後の世界では、文明で区分わけをするという作業を通して、捉えがたい構造を把握するのに“少しは”役立つかもしれない」と思いました(あくまでも2005年現在の意見)
[PR]
by congeniality | 2005-08-25 01:46 | Review

サマーコース1週間目

[Previous Day]
前日は少しナーバスになっていました。笑いがとまらなくなったり(危険!笑)、お友達と一緒に作った料理も、いつもならすっごくおいしいディナーを作れるのに何故かうまくいかず、オレンジジュースが鼻にはいりそうになるし、わからないことだらけでした笑。

[First Day]
初日は、何においても一番「大切」、だと思うからこそ、一番「疲れる日」。。。というのはまあいいとして、キャンパスの中を案内してもらったり、必要な書類を書いたりしました。話に聞いてはいたので予想はしていたけれど、あまりの中国人の多さにびっっくりでした。(今いるところが主に留学生専用のコースで、しかもカレッジの中でも特にアジア、中東に焦点をあてているところということも重なって。)これはいくら話で聞いても、よっぽど優れたイマジネーション能力のある人でない限り、実際にその中に入ってみないとわかりません。中国の人はビジネスのコースをとっている人が多いのですが(人数がおおすぎて3つに別れているそう)、全員あつまるとほんとうに!すごい割合をしめていて、自分のいる場所がわからなくなります。ここはリトルチャイナだとインドネシア人の子はいっていました。世界の縮図が目の前で展開されているような気もしますが。同じクラスには、中国、韓国、日本、の比率が同じくらいで、その他ジャワ島や、サウジアラビア、バーレーン、アジェルバイジャンなどの中東からきている人たちが数人。初日に、サマー用のテキストを渡され、レクチャーが始まる前に今日の分を読んでおくように言われましたが、かなりムリでした。

[from Second day~]
二日目からは、少人数のクラス(10~12)のメンバーの名前は覚えて、すぐに“エンジョイ”なムードです。授業中に意見が一致しなくてフレンドリーとは反対の会話をしても、誰もその後に持ち越さない雰囲気がとても過ごしやすいです。(今週はnationとstateの違いについて等をやっていて、教材につかわれている2つの題材もお互いに正反対の見方をしているので特に誰が正しいということではない。先生の「的確な手順で証明さえできればいくつでも答えがある」というのが“今日のひとこと”でした。)学校の前の公園でお昼を過ごしたり、わからないことを聞きあったりして仲良くなっています。中国人も韓国人も他の国の人も話せば話すほど、同じような年代で同じようなコースをとっていることもあって共通点もあるし、とても感じのよい人たちだということがわかってきました。みかんの皮はむいてから食べるように、中身にはやく到達するためには自分でどんどん皮をはがしていかないと!(変な例えをつかってしまったケド。。。政治家より例え話が下手でした笑)もちろん日本人とも英語で話さないと日本語がわからない人からみれば不快だと思うし、イギリスにいることを忘れそうになるので友達には万が一日本語を使ったらplease kill meということになっています。英語をつかうことで、国別に分かれてしまうことがないのでそういう意味でもよいと思います。*レクチャーの復習をする授業があるので(復習してくれる、というよりは、みんなでスル)わからない部分が確かめられて効率的でした。
[PR]
by congeniality | 2005-08-24 02:27 | Life in UK(academic)

ロンドンで調達できる食材

都会なので、とりあえず何でも揃います。揃わないものを挙げる方が難しいです。(ただ思い出せないだけ?^^;) 日本食材を売っているのは、有名な「ジャパンセンター」、「ありがとう」、一番安いのが「ライスワイン」というお店。ジャパンセンターの2階は本屋になっていて、CDもあります(ただしちょっと高め)。ただし、すべてビニールに厳重に包まれていて、立ち読みができずフラストレーションを感じます‘~’ 地下では薬も買えます♪ですが、イソジンは売っていません。(イソジン入荷してください、と言っておきましたが、なにしろ数ヶ月に一度の入荷なので次がくるまで時間がかかるそうです。)さて、食材の話をするつもりでした!普通のスーパーで、キュウリ、しいたけ、ネギは買えます。きゅうりとネギは、2倍くらい太くて外見はなにかが違う・・・のですが、「味は一緒~!!」です。しいたけはちゃんと”shiitake“と表記されています。日本食材店では うどん、冷やし中華、レンジでつくれるゴハン、ラーメン、おにぎり、お茶、めんつゆ、だし、缶詰、納豆、豆腐、のり、味ポン、などなど本当に沢山のものを取り扱っています。普通のスーパーでは、サラダパックが多種扱われていて、これがすごく便利。初めからイロイロな種類の葉っぱや人参がはいっていて洗うだけでOK、サラダをつくる手間がかかりません。ところで、イギリスは「BUY ONE GET ONE FREE」や、「2 FOR ~ポンド」というのが商売方法のようで、2つや3つまとめて買ったほうがお得な場合が多いです。だから、友達と買い物に行ったほうが断然いい!それにつられて必要ないものまで買わないように。高い高い物価についてはまた書きます。
友達達とは今まで、肉じゃが、ステーキ丼、カレーライス、冷やし中華、卵とじうどん、からあげ、などなど作りました。院生や、一人暮らしの人はいくらでも日本食がつくれて「いーいーなぁーっ」と思います。9月から食事つき寮なので・・・。ホームステイ、フラットシェア、食事なし寮、食事つき寮、2人部屋、1人部屋、様々な生活形態があるなかで、メリット、デメリットを考えた末たどりついたのが「数年前に改装された綺麗な建物、食事つき、学校から徒歩3分、1人部屋という寮」。かなりの条件を満たしているのですがコンロが無いとう状況だけがデメリット。オンスイート、というシャワー、トイレ、キッチンつきの部屋も同じ建物のなかにあるそうなのですが、これは院生以上でないと利用できないらしです。やはり学部生以下はデラックスな生活形態は望めないようです笑作りたいときに料理がつくれなくても、作りたくないときに料理をつくらなくて済む方がいいかなと思ったのですが(圧倒的につくりたくない回数が上回りそうなので)、どうなるかはこれからレポートします。
[PR]
by congeniality | 2005-08-21 08:28 | Life in UK(general)

選挙「堀江社長、元軍縮大使猪口さんら出馬」

MSNニュースより
小泉純一郎首相は19日午後、ライブドアの堀江貴文社長(32)と自民党本部で会談した。首相は同党から衆院選に出馬するよう要請したとみられるが、堀江氏は、無所属で亀井静香元政調会長の対立候補として広島6区からの出馬を伝えた。会談後、党本部で記者会見した堀江氏は「郵政民営化に賛成だが、初めての立候補であり無所属で試したい」と述べた。自民党は堀江氏を推薦しない方針。 堀江氏は同日午前、民放テレビで「今回は郵政民営化、それに続く改革が一つの焦点になる。僕もそういう改革は推進していきたい。これから伸びていく分野に重点的に産業育成していくみたいな感じにしないと」と立候補に意欲を示した。
選挙がとてもおもしろい雰囲気になっていますね。堀江社長が出馬とのニュースで、最初自民党から出馬と聞いた時には唖然としましたが無所属からということになったようですね。。。そこで自民党が推薦しないというのも「いかにも」な展開です。ホリエモンはさておき、私がショックを受けたのは元軍縮大使の猪口邦子氏の自民党からの出馬です。猪口さんは初女性初アジア人の軍縮大使としてご活躍され、先日「文京区民平和の集い」(このタイトルはなにかがイケてないと思いますが笑)で公演されたのを拝聴してきました。そこで自分の任期のうちにどれだけ軍縮を進められるかということを効率的に考え実行なさった経緯を説明されました。(※)数ヶ月前はまだ文京区の区民センターに足を運ばれる余裕があったと思いますが(ちなみに、文京区民なのだそうです)、猪口さんは直に注目を浴びて話を聞くのも難しくなるだろうな、、、と思っていた矢先の出来事でした。きっと「政権についたほうが、自分の実行したいことを少しでも進めることに効果的」という考えからだと思いますが、この時期にこの党からの出馬となると、受け入れ難いような受け入れざるを得ないような、なんともいえません。もし私が今回投票できるとして投票できる地区からの出馬だったとしたら、私はどうしたらよいのでしょう??ホリエモンは産業育成、猪口さんは軍縮・・・。「自分の進めたい事柄のためなら妥協も必要」なのか、「タイミングよく押されたときに出馬をするのが手っ取り早い」といえるのか、これが政治というものなのか、、、。結局、前回の選挙で民主党は政権交代にまでは及ばず、「政策の打ち出し方が悪い」といわれる反面、「「草の根」の努力が足りないのだ」と自民党から指摘されてすらいました。今回も選挙となればどんな手段でも使う“靴の裏についたガム”のような政党が引き続き勝利をおさめることになるのか、国民がどのような反応をするのか注目したいと思います。


(※)軍縮大使の任期のうち、世界の核を廃絶するのはもちろん無理。なので、まず彼女と一緒に働いていた外交官は「核の絶対数がこれ以上増えないように、核の原料をこれ以上増やさない」という政策を打ち出しました。その話をすすめるとともに、同時進行で「小型武器」削減に向けて活動したそうです。小型武器の被害をうける女性や子供の数は計り知れないほど多いが、途上国ではなかなか廃絶できない。そこで、途上国の市民に学校や病院を提供するということを交換条件に町中の小型武器を集めて廃棄したといいます。問題の核についての政策はアメリカの支持を得られるかどうかにかかっていて最後の最後まで無理そうだったのですが、最後に「自分の任期中にどうしても」という気持ちを捨てて交渉にあたり、「相手に考える余裕をもたせて」みたら、意外にもアメリカの支持を最終的に得られたそうです。(つまり結果的に交渉は成功した。)猪口さん曰く、交渉するときは「自分の国の意見ばかり言わず、相手にもメリットがあることを伝える。「核の絶対数を減らすことは「アメリカが進めたい政策」(=テロリストに核や武器が渡らないようにする)にも利益をもたらすということがポイントです。また「唯一の被爆国である日本の意見を聞けー!と最初からいっても誰も聞く耳をもとうとしないので、途上国に小型武器の被害者の話をしてもらって、その後、そちらの被害者の話をきいてくれたなら原爆の被害国日本の話も聞いてください」という流れをつくったそうです。この交渉の仕方はとても論理的だと思います。猪口さんがおっしゃった「交渉には妥協も大切。そうしなければ進まない。」という言葉は心に残っているのですが、自民党から出馬することは「妥協」なのでしょうか。
[PR]
by congeniality | 2005-08-19 19:54 | Thinking about...

ノンライセンス

「ライセンス」と聞けば信頼しますよね。私も昨日まではそうでした。ライセンスは信用があってこそおりる許可だからです。。。でもこちらにきて様々なナショナリティーの人の話を聞いたりするうちに、ライセンスに対する信用を完全に失いました笑^^; 例えば、中国ではどんな国のパスポートでも1週間あればつくれるし、IELTSの偽造スコアは2分あればつくれる、IELTSの試験会場では平気でカンニングや替え玉受験をするし、22歳でマスターのdegreeを2つも持っているという履歴書を平気で出す人がいる、などなど。中国は今とくに結果主義だから手段を選ばないそうです。(中国の批判をするわけではないのですが、そういう現状だからしかたありません。)他にもロンドンでは運転免許証なしで運転している人がしばしばいるし、あきらかにノンライセンスの飲食店もある・・・のです。友達の友達のイギリス人は(もう社会人なのですが)バンコクで2ポンドで買ったStudent IDをもっていて、それがあれば30%のディスカウントにつかえたりします笑 PressのIDカードも買えるそうです(どんなPress Conferenceに侵入できるかしりませんが)。 日本人が誠実すぎるのか、わかりませんが信用しすぎて落とし穴にはまるよりもすべて疑ってかかったほうがいい気がしてきました。こういうことが平気で通用する世界だから、事務を適当にされても文句は言えません。しかし、誠実な人までとばっちりを受けるのは割りにあわないですょね。ノンライセンスといえば、大学の近くに知る人ぞ知るノンライセンスの韓国料理店があります!1階部分を見るだけでは料理をだしていることがわかりません。普通の韓国の乾物を売っているお店で(日本のお菓子などもおいてある)、レジで料理を注文して地下におります。(メニューは2品だけしかなくて、3ポンドくらいでビビンバか、野菜か選ぶ。キムチはついてくる)その地下がまた怪しくて、いかにも自分で録画した韓国ビデオがずらーーーーーーっとならんでいて「貸しビデオ」のようなことをやっていて、カラオケを改造した部屋もあり、そこに机が並んでいます。地下で待っていると「やすくておいしい」ビビンバがでてきました!!北朝鮮の潜入取材でもしているような雰囲気でしたが学生はよく利用している様子です。また是非いきたいです。さて、ノンライセンスを合理的に生きていくための手段として使う分には良いとみなすか、不法行為として真剣にとらえるかは人次第です。私はどちらを選ぶか今考え中です。笑!!!
[PR]
by congeniality | 2005-08-19 08:26 | Life in UK(general)

治安

夏の間いるキングスクロス周辺は、「悪い」です。ロンドンを知っている人に“キングスクロス”というと必ず「あぁー・・・」と言われます^^;今開発中なのだそうで工事中のため余計にほこりっぽい感じです。昔はもっと治安が悪くて、今移行期なのだと思います。着いた次の日の夜、危ないと思いつつ一人で歩いていたら、、、強盗を見かけました。男の人が二人組みの男に襲われていました。助けてあげられなかったので(私が参戦してもどうせ勝てなくてひどいことになりそうだったので)どうなったか心配ですが、とにかく「日没後は怖い」ということを肌で感じました。寮はセキュリティがしっかりしているので不審者が入るということはなさそうですが、駅から寮までの道が要注意です。お昼間でも「hello」とか「come on」とか声をかけられたりするので、出来るだけ怖い顔で、少なくとも片手は自由になるようにしながら歩きサバイバルな毎日を送っています。緑の多い学校の近くに引っ越すまではサバイバルが続きそうです。それとは対象的に、ハイドパーク付近のケンジントンあたりはすごく治安がよさそうです。さすがバッキンガム宮殿の近くだけあって。。。ハイドパークには「いかにもイギリス人」のおばあさん二人組みがお散歩していたりで、「100%英国」という雰囲気がしています。
それにしてもロンドンの人種のバラエティーの多さには驚かされます。私は思いっきりアジア系日本人ですが、「~系~人」という人達ばっかりです。バスや道でもイギリス英語が聞こえてくるのはめずらしいくらいです。今日聞いた話ですが、EUに加盟してからもっと増えた(特にポーランドが)ということです。
[PR]
by congeniality | 2005-08-18 08:18 | Life in UK(general)

2005 Teen Choice Awards

e0026645_8525249.jpg
Sandra Bullock, left, gestures as she receives from actress Regina King the award for Choice Movie Actress Comedy for her work in "Miss Congeniality 2: Armed and Fabulous," at the 2005 Teen Choice Awards in Universal City, Calif. on Sunday, Aug. 14, 2005. AP
時事問題のコーナーをつくって早々にアップする内容が完全にエンターテイメント系ですみません。10代が選ぶアワードのコメディー女優賞にデンジャラスビューティー2のサンドラブロックが選ばれました。飛行機で2回みた上に、スーパーでDVDを買って何度も見ています。それが!もう!最高で!どうしよう!我が人生この映画のようにありたい笑・・・一人で舞い上がっていますが、とにかく映画を見逃した方はDVDになったらぜひぜひ見てください。日本で公開されたときは2週間くらいであっという間に終わってしまい、あまり大きく取り扱われていないことに不快感を感じます笑。デンジャラスビューティーという邦題はたしかにデンジャラスでビューティーな映画に現れているけれど、congenialityというニュアンスがほとんど無視されています怒。まあ、それはおいておいて^^、、、2の方は愛情というより友情中心ですが舞台がラスベガスなので派手で楽しめます。派手好きの私にはたまりません。以降個人的な話になってしまいますが、あまりに思い入れのある映画なので続けます→最初ティナターナーのサウンドが使われていたので喜んでいたのですが、一番の見所でなんとプラウドメアリーで踊っているのです><!!小6の時に初めて出会った洋楽がティナターナーのプラウドメアリーで(当時ハッチポッチステーションのグッチ祐三さんが踊っていたのです笑)、小学校の創作ダンスの時も「お願いだから使わせて!」と押しに押しまくって(友達は迷惑だったと思いますが)私はハッスルしました。そんな大好きな曲が大好きな映画に使われ相乗効果で、ますます大好きです。この曲は結婚式の2次会で流したいと思います。それを嫌がる人とは絶対結婚しませんのでよろしく笑!。ブログに遺言を書く人は見たことがありませんがついでに書いておくと、お葬式の最後にもプラウドメアリーでノリノリで見送ってほしいなぁとさえ思っていますのでよろしくお願いします。(せっかくみんな集まってくれるなら、ナタリーコールとか流しながら楽しんで帰ってほしいです。あえて暗くなる必要性は感じませんから^^死ななかったら、それ人間じゃなかったってことですよ、その方が嫌ですよ笑)
話がそれすぎましたが、相手役も違ったキャラクターでとても面白くて、後半部分の“I am not going out there as a woman pretending to be a man pretending to be Tina Turner!! I can‘t afford therapy on my salary.”というセリフがイイ。
[PR]
by congeniality | 2005-08-16 08:56 | Thinking about...

交通

バスの乗り方
乗車する前にバス停の機械(細かいお金しか入らなくて、おつりがでてこない)で1.2ポンドでチケットを買います。中で払えるバスもあるけれども、「外で買いなさい」といってお金を扱ってくれないバスの方が多いと思います。確かに、buy tickets here before boardingとバス停に書いてあるので、郷に入っては郷に従うのが無難かと思います。一週間のフリーパスがPOST OFFICEにて11ポンドで購入できます。地下鉄のパスの方はバスと兼用できると聞きました。学期が始まったらSTUDENT DISCOUNTが使えるはずなのでそれまでの間は一週間分のものを使っています。しかし!!バス停でまっていても来たとおもった瞬間にバスが通り過ぎることがあり、このような”リクエストストップ”では、手を横にあげて自分で止めないといけません。バスの中では、どこについたか表示されないので、自分でよく外をみて、あとは勘で降ります。(ここ~駅?)と人に聞いてもOKな雰囲気。いろいろ複雑ですが、適当に対応すれば必ず目的地にはたどり着きます☆
バス停の探し方
一つの駅に多数の停留所があり(繁華街の駅などは10個くらいある)、自分の行きたい駅までいく番号のバスが来るかどうか看板でしらべます。もしない場合は、アルファベットを見て、乗りたいバスが来るバス停まで移動します。絶えず運行しているので、長時間待つことはあまりありません。友達に教えてもらった便利サイトhttp://www.tfl.gov.uk/tfl/

テロがあってから、自転車利用者が増えたと聞いています。ロンドンでは自転車も車と同じ扱いで、車道の端を通るので、みなヘルメットをかぶってかなりのスピードで乗っています。歩道でのっていると警官に注意されるそうです。バスに乗って窓を見ていたら、自転車がバスとバスの間をすいすい走っていて驚きました。ママチャリのようなものは手に入らないので私の知り合いは自分でかごをつけたそうです。私も移動手段として自転車を持ちたいですが、ただでさえ自転車に乗るのが得意でないのに車道を走るなんて、恐ろしすぎます、、、ので私はやめときます。いけるところにはなるべく徒歩で、バスに乗るときも1階部分に乗るようにしています。バスで、バックパックがおいてあった時、運転手さんが「誰のですか?」と大声で確認していました。おじいさんが申し訳なさそうに名乗りでていましたが、このようにみんなで注意を払っているような状況です。
信号
だいたいは無視する
(タイミングが大切)。信号の手前にlook leftまたはlook rightと書いてあるのでそちらの方向に注意を払いながらわたります。
[PR]
by congeniality | 2005-08-15 08:17 | Life in UK(general)

気候

ロンドンの天気は読めない・・・。ので折り畳み傘と上着は常にもっていないと対応できません。今現在は夏なので日中晴れていれば23~25度くらいです。風が吹いているときは風がとても冷たいので寒くなり、風が止むと暑くなります。日本のような蒸し暑い雨はなく、雨がふる時は寒くなります。雨が降るとクリケットが中止され、みんなショックをうけています。(13日現在、めずらしくイングランドが400ポイントで勝っているのに、雨で中止になって期間内に終わらない場合は引き分けになってしまうという理不尽なルールらしいです。)交通量が激しいので、バスや車の排気で、相当喉が痛むのでうがい薬は醤油よりも減りが早いです・・・。イソジンと醤油を比べるのはグロいですが、ちょうど同じくらいの大きさのビンを持ってきていて、気づいたらうがい薬のほうが減っていた!という感じです。排気という要因を除いても、乾燥している気候のために、すぐ喉がおかしくなるので注意が必要です。余談ですが、こちらに来て、一番早く「ヨーロッパらしさ」をかもしだしはじめたのが「足の裏」です。排気や乾燥、バスタブなしという環境のため、黒い!汚い!どうしようもない!笑。。。
[PR]
by congeniality | 2005-08-14 20:06 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite