【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Nationalism, History and Theory

Paul Lawrence, 2005, London: Pearson Longman
e0026645_2465574.jpg
「ナショナリズム」という論理が歴史上どのように変化していったか、という内容について述べている本。とても分かり易い!!ちなみにもっと分かり易く言うと、History and Theoryというよりは History of Theoryという感じの本です。ナショナリズムは個別の国に個別に存在し、その歴史を書く人間もどこかのナショナリティーに属している以上は客観的に見ることがなかなか難しい問題です。科学的な証明が社会学にも用いられるようになってから1950、60年代にEarnest Gellnerを中心としてでてきた新しい見方というのがClassical Moderninstと総称されています。その革新的な見方とは「世界共通に応用できるナショナリズムの”原因”をさがす」というもので「その原因とはindustrialised worldの中にある」(=つまりナショナリズムとは現代社会の産物である)という論理です。Modernistの一般的見解では階級社会の後に出現した「国内の人々が共通の言語、教育、文化を共有するという社会」のもたらした”ナショナリズム”こそが国家を生んだ、ということになっています。
しかし一見新しく、新鮮に見えるこの論理ですが、様々な問題と欠陥をはらんでいます。この論理に当てはまらない例外があまりにも多いということも弱点の一つです。また彼ら自信の中でも詳細については意見が食い違っており、他にもナショナリズムには「民族的」要素があると主張している別の論理も生まれています。ここで肝心なのはゲルナーはhistorianではなくpolitical scientistだったということ。やはり歴史とはそれぞれのパターンにそれぞれの原因や条件を当てはめて真実をみつけようとするもので、「重力」のように世界のどこでもあてはまる法則を考える科学とは学問の種類が少しちがうということです。

ちなみに一つ前のレビュー↓国家の品格p113で丁度ナショナリズムに対しての面白い記述があったので引用しておきます。
一方、私の言う祖国愛は、英語で言うところの「パトリオティズム」に近い。パトリオティズムというのは、自国の文化、伝統、情緒、自然、そういったものをこよなく愛することです。これは美しい情緒で、世界中の国民が絶対に持っているべきものです。ナショナリズムは不潔な考えです。一般の人は敬遠した方がよい。ただし、政治家とか官僚とか、日本を代表して世界と接する人々は当然、ある程度のナショナリズムをもっていてくれないと困る。世界中の指導者が例外なく、国益しか考えていないからです。日本の指導者だけが「ナショナリズムは不潔」などと高邁な思想を貫いていると、日本は大損をしてしまう。安全や羽意さえ脅かされる。一般の国民は、ナショナリズムを敬遠しつつ、リーダーたちのバランスあるナショナリズムを容認する、という大人の態度が必要になってくる。現実世界を見ると、残念ながらダブルスタンダードで行くしか仕方がないのです。無論、リーダー達の過剰なナショナリズムへの警戒は怠ってはなりません。

[PR]
by congeniality | 2006-03-17 02:49 | Review

国家の品格

藤原正彦(新潮新書、2006)e0026645_23665.jpg日本から水10!のDVDと一緒に送ってもらった話題の本。
ここ数日間ナショナリズムを調べるために英語の文献で苦労していたので、自分の日本語を読む速さに感動しました笑 母国語とはすばらしい・・・w
内容については、壮大なテーマといってもいい精神的なトピックを中心として、個人から国家までの幅広い話題がここまで短くまとめられていて分かりやすかったです。且つ、構成も~~の理由は以下6つ、~~の要素は以下~個、というように書かれているので追っていきやすい。特に証明せずに断言してしまっている箇所もありましたが、本書の中にも「人を殺してはいけない理由」など明確にはみつからないが、だめなものはだめなのだ、という人が根拠なしにも受け入れるべき理由とそういった教育についての記述があったほどなので、作者の意見を述べるにはある程度の断言なしには進まない話でもあります。もちろん大部分は論理的に説明がなされているし、いくら第二章が「「論理」だけでは世界が破綻する」と言っているとしても、論理の大切さももちろん認めた上での「論理の出発点」の重要性を強調しているだけのことです。作者自身もp95で「論理とか合理を否定してはなりません、これはもちろん重要です、これまで申しましたのは「それだけでは人間やっていけない」ということです」、と述べています。


「武士道」や「国柄」などという言葉はニュアンスとして、<右>という感じがしますが、この本で作者が述べたいことは全くそういう排他的国家主義の類ではなく、各々の道徳を自分のオリジンの中にしっかり見出して論理の出発点にしましょう、ということだと思います。そういった意味でも「行間を読む」ことの大切さと「行間を自分の経験と意見に基づいて読む力」の大切さも身に沁みました。

以下、個別に印象的だった部分を挙げます。
@量的思考をするには知識や情緒、そして大局観が必要になる(p60:英語を学ぶ=国際人というステップは間違っており、国語の強化=人間の内容の充実=国際人になるという記述に続いて。)
@(論理というのはAがあってそれに対してB、そしてそのBに対してC、と展開していく)出発点を適切に選ぶということは、総合判断力が高まるということです。(p149)
論理的に正しいものが沢山ある中からどれを選ぶか、それはいかに適切に出発点を選択できるか、それは情緒力にかかっている(p150)
@情緒力は蓄積しない(例えば、知識は歴史を重ねるごとに蓄積していき後の人間がそれを使うことができるけれども情緒力は育っていくときに同時に身につけなければならないものという意味で)(p154)
他にも、@国家の底力を失っては大変という内容(櫻井さんの「国売りたもうことなかれ」に通じるものがありました)@天才を輩出する土地柄は「美」があるということ→そういった「美しさ」や「今日明日必要ではない文学や数学の証明問題などにとりくむこと」が実は底力をはぐくむことになるとも言えるということ(確かに、現代には本屋にもいわゆる文学よりも、how to bookが多い気がします) 


こうやってメモ程度に書き出したところでちっとも論理的ではないので本書を読んだほうがはやいですが。あともう一点、イギリスが言うことに世界は耳を傾けるのに日本の言うことにはあまり耳を傾けてもらえないのは何故か?というような内容があり、理由として、「いくらここ一世紀経済が停滞しているとはいえ、伝統を重んじる」イギリスには信頼がある、といったことが挙げられていました。そういう面で、「経済発展」を除いたら何ものこらなくなってしまう空っぽの国にならないように、「精神」「伝統」も受け継いでいくことの重要性を感じます(ただし、それも間違った方向にとらえて靖国参拝しようというようなことではなく!そこで間違った方向にとらえないために先ほどから挙がっている出発点の大切さがあるのではないかと思います。)
[PR]
by congeniality | 2006-03-17 02:06 | Review

cannot live without music!

e0026645_20191648.jpg






というタイトルのわりに私ipod持ってません笑。
この頃好きな洋楽の話でもしようと思います。
洋楽というと一般的に欧米の音楽をイメージしがちですがアフリカやアジアももちろん洋楽の仲間だということをアジアアフリカ研究所にいると感じます。
が、今日は普通に欧米の音楽です笑
右から→ジェシカシンプソンの[take my breath away]はプロモも含めありきたりといえばありきたりですが、その単純な奇麗さが逆にわざわざ作ったものよりも良い◎◎◎、その他同じくジェシカの[these boots are made for walkin’]も単純に可愛らしい◎ブーツとの関係性は不明ですがセレブで流行の洗車シーンがあります。
→S club 7は古いですが、最近初めて[you’re my number one]を聞いてやっぱり彼らの曲は好きだと思いました◎◎◎
→デスチャ、これまたとても過去の話ですが[say my name]はすこしシリアスかつ明るさがあって、単純に奇麗な曲を聞き飽きたときにお勧めな曲です◎
→Madnessの[shame & scandal](ジャケットは違うかもしれません)はサックスベースの曲調と面白いプロモが特徴◎◎◎
→(面白いプロモと言えば、ここに写真はありませんが、Agua!のBarbie Girlは本人達がバービー人形になりきってセットの中で動き回って楽しい。のに、ちょっと考えさせてくれるミュージックビデオでもあります)
そして今回の一押し→The Pussycat Dolls [don’t cha!]はもちろん、shall we dance?の[Sway]が最高です◎◎◎◎◎ プロモと曲がしっかりかみ合っていて、私の勝手な評価の中で重視している写真右下にあるようなライトの前のダンスシーンが多くスバラシイダイスキな作品です。(ライトといえばもう一つ好きなジャネットジャクソンのアルバムDamita Jo [all nite]にも最後同じようなライトが出てきますが全体に「裏」バージョンという感じなので派手さには欠けます。でもダンスは「最高」級です。)Pussy cat dallsの話に戻りますが、本当にかわいいので是非オフィシャルサイトからビデオ観覧までどうぞ。

e0026645_20233523.jpg
[PR]
by congeniality | 2006-03-14 20:24 | Review

Liberal Democrats

LSE、KING’S、SOASの生徒が共同で立ち上げたLiberal Democratsという Organisationの初の集まりが国会で行われたので参加してみました。(注!私はまだメンバーではありません。今回は興味があれば誰でも参加できる会です。支持者拡大のために、誰でも参加OKの会のほうが多いとは思います。)

国会といってもメインの建物ではなくて、向かい側に位置するモダンな建物の一部屋でした。しかし政府の建物であるため、セキュリティーチェックなどは同じように厳しいです。
結局、「党大会」のようなパーティーで飲食しながら話をする、というのが主です。大学の生徒とLiberal DemocratsのMP(Member of Parliament)、MEP(Member of European Parliament)、 Peers(貴族院)、 PPC(prospective parliamentary candidate)が交流することが目的です。各セクションから数人が来ていて、みなそれぞれにLobbyingを展開していました。Liberal Democratsは大学の授業料値上げに反対しているので若い層の支持が拡大しています。候補者も若い人、女性が多く、他の党よりも環境問題などを重視しているとはいえ、まだまだ保守、労働には及ばない第三党ではあります。
他の政党との「違い」はなにかという質問に候補者が答えたのが「liberty重視」ということ。第三党だからこそ強調できるテーマ:Liberty、という雰囲気も否めません。

Lobbyingと言えば、、、
みなそれぞれ自分の目的を達成するために優先順位を定めて行動する、というわけですが、→それぞれが自分の為の「利益」というよりも、それぞれのViewPointを持って行動しているといえるようになればいい、というのが理想です。

今回、初めてロンドンで自分は「外国人」だということを実感しました。ロンドンはあまりに人種が多いので普段はそこまで意識しないけれども「ここでは選挙権がない」という事実を目の当たりにしました。つまり、もちろん支持者が多いほうが良いにせよ、投票権の無い人々にLobbyingするよりはイギリス市民に語りかけたほうが効果があるので、優先順位はもちろん英国民ということです。「国政」なので当たり前のことですが。

そこで日本の「外国人の選挙権」について考えてみました。
まず「外国人」の定義から問題になります。日系の人はどうなのか、日本で生まれ育った人はどうなのかなど。定義のあとは、さまざまな取り決めも問題になります。たとえば○年以上住んでいる外国人ならよい、とかこれから永住する人ならよい、とか・・・。

あるサイトで見かけた日本人の意見(主にローカルなレベルでの選挙を中心とした話し合い)では賛否両論(とくに否の意見は極端に思えました→たとえば、それをいいことに移民が増えたらどうするのか/国政と外交が絡み合ったときどちらの意見が反映されるべきなのか矛盾している/他の国にのっとられたらどうするのかなどなど)でしたが、バックグラウンドは人によってさまざまな為、いずれにしても実現するには細かい取り決めが沢山必要になってきます。政府による細かい取り決め=くだらない取り決めになりがちですが、移民などとの問題ともかけあいながら、どんな形であろうとも日本に「住んで」いる人達には意見を主張する機会が日本人となるべく「同様」になる方向に進むことが一番だとは思います。
[PR]
by congeniality | 2006-03-09 03:38 | Life in UK(general)

私物公開Vol.4

e0026645_8555099.jpg‐‐>夏に履いている金のサンダル(シェリーという靴屋さん、とても手頃な価格で種類も沢山)

‐‐>今日購入したBIK BOKというお店のトップス(なぜか冬物を買わずに夏物ばかり買う癖が抜けません;)

‐‐>ロンドンで流行している天使の羽ピアス、私の友達だけでも3人は持っています(アーバンアウトフィットで買いましたが、クレアーズにもあるよう)

‐‐>中東っぽいピアス(トップショップで購入。こういう形のピアスが本当に数多くみられ、詳しい統計はとってないのでわかりませんが、どこのお店にも半分くらいはありそうです)

‐‐>全世界共通、ボディーショップのフラグランス(一瓶8ポンドですが、2つまとめると12ポンドになる。ちなみにコレ、香りを混ぜてバリエーションを楽しむもので、ピンクのCHYMARAとオレンジのAZTIQUEを混ぜるとカリスマになるらしいです。)
‐‐>スタバのマグカップ(今日スタバで飲んだまま持って帰りました。盗難・・・。でもそれくらいの余剰は今まで支払い続けてきたので一度くらいなら大丈夫な計算笑。)
[PR]
by congeniality | 2006-03-06 08:57 | Life in UK(general)

普通の日曜日

今日はコペントガーデンで買い物しつつ、スタバで勉強してきました。
休日だったこともあって、スタバは大混雑。。。
いつものようにタゾチャイティーラテを注文するものの、いつものように一回で伝わらず、「タゾチャイティーラテですか?タゾティーラテですか?」などと聞かれました・・・チャイが肝心なのにー(-_-;)注文がうまくいかずに混乱している最中に友達から電話→やっと落ち着いて席についてもういちど電話→「先週休みだったけどどうしたの?」と聞くと、「I was geri・・・」という答え。「それ日本語?」ときくと「yes、 I was 下痢」笑。とても優秀な友達で、私が教えた単語を一度で覚えてすぐ使用してくれたようです笑

地下も大混雑で、私は3人席に座っていたので、数時間のうちに何組とも相席することに。
一組目はイギリス人、二組目は日本人(話しかけてみたら同志社大の方で卒業旅行ということでした)、三組目はバイトさきの友達を訪ねてきた人とスタバの店員さん、四組目はフランス人、五組目はヨーロッパ系のどこかの国の人。スタバに座っているだけで人種の多いロンドンを体験しました。

得に印象的なのが、日本人との会話です。海外で出会う日本人同士、(もちろん友達になれば助け合える貴重な存在になるはずなのに)町並みですれ違ったり、レストランであったりするとどことなくぎこちない空気が流れるときが少なからずあると思います。(得に欧米の観光地などに見られてもちろん例外もあると思いますが。)韓国人同士も似たようなものがある、と聞きました。それとは対象に、イタリア人の例でいくと、「イタリア国内ではお互い冷たいのに、異国でイタリア人同士だと分かるとお互いに嬉しくて笑顔で話はじめる」ということがおこるようです。
この違いは国民性という言葉でひとくくりしてしまうとあまりにも大雑把な分類になってしまいますが、それに加えて、歴史的、経済的な背景があることだとも思います。
スタバで読んでいたのはちょうどナショナリズムについて・・・orz
国民性という言葉で説明できる簡単なものではなく、非常に沢山の問題を抱えたテーマですが、そんな身近なことから考えて取り組んでみたいテーマではあります。

友達が下痢という言葉を覚えてくれた以外に、とても嬉しかったのが、日本人にノリで話しかけたら、笑顔で会話が始まったこと^^せっかく同じ母国語が通じるのだから相席になって話してもなにも不自然なことではない。し、日本にいても違う国にいてもどこにいても、何も「作らない」自分と、あくまでも国民性という言葉に惑わされない個人でいることの大切さが身にしみ、今までのしがらみから開放されたような、「普通の日曜日」でした。
[PR]
by congeniality | 2006-03-06 08:42 | Life in UK(general)

★☆★Politics of Media ★☆★ ②Control Room

先ほどの続きです。今度は映画についてなのでレビューにしてみました。
で、今日の集まりで見た映画[Control Room]directed by Jehane Noujaimです。

e0026645_892774.jpgStartling and powerful, Control Room is a documentary about the and powerful, Control Room is a documentary about the Arab television network Al-Jazeera's coverage of the U.S.led Iraqi war and conflicts that arose in managed perceptions of truth between that news media outlet and the American military.
というわけで、一言で言えば「イラク戦争中のアルジャジーラの取材裏」を撮影した映画です。
イラク戦争時の「大量破壊兵器」が「あった」とされる報道や、政治的に偏った報道については既に盛んに言われてきた事柄ですが、非が3つつくぐらい非常に面白いドキュメンタリーでした。話はブッシュ大統領の宣戦布告から始まり、あの懐かしい「サダムフセインand his son must leave Iraq...」という場面がありました。その瞬間、世界中が注目していたわけですが(うちではNHKと民放とCNNとBBCを交互に見てました)その時のアルジャジーラの舞台裏も相当緊張感が走っていました。

@そして本題の戦争中の映像ですが、FOXなどの放送局が「イラクに民主主義がきた!」というような内容を映し出す一方、アルジャジーラは爆撃にあった市民の映像をどこの放送局よりも多く流し、他にも「サダムフセインはもちろん悪いが、この戦争はまったく民主主義をもたらしているとはいえない」という人々の意見を取り上げていました。ラムズフェルト氏からも何度も批判されるなど、もちろん相当議論を呼んだ取材でしたが、アルジャジーラ側としても「イラクで起こっている真実」を配信しようとしていました。

@また、要素の一つとして、アメリカ兵のスポークスマン(と思われる)がアルジャジーラ側のディレクターと対話しているところがあります。どちらにも異なった意見があるために、最後の最後までどちらも折れていませんでした。

@もちろんテーマはシリアスですが、仕事中にもリラックスした会話は飛び交い、
放送中:「はい、今日のゲスト、アナリストの○○さんでした、ありがとうございました。」
放送直後:「ありえない、あんなの全くもってゲストじゃないし!アナライズしないでただ自分の意見を述べていただけではないか。」というような完全に収録「外」の場面がおもしろい。

@他にも、同時通訳者(英語からアラビア語へ)が、ヘッドフォンをつけながらブッシュの演説を訳しながらとってもあきれた顔をしたり、不可解な表情になったりしている場面もあります。
こういう風景こそ中にはいらなければ見られない場面です。

@この映画で一番のクライマックスはアルジャジーラの本社に爆撃があったときのことです。
最近、多元主義とメディアに注目していますが、イラク戦争の時はまさに「世界のメディア」が終結していたときなので、このようなテーマにちょうど即します。各局が全く違う意見を持ち、時には人間として似たような感情を抱きながら一箇所に集まり、走り、聞き、メモし、各国に放送し、時にジョークを言い合い、時に涙し、という光景が忘れられません。

そしてサダムフセインの銅像が倒され、「こうやって"Victory"という言葉だけが残っていく。その後は"justification"など人々にとってどうでもよくなってしまう。」「人々は忘れやすいから、今までの悲惨な爆撃や、犠牲になった人を、忘れてしまうのでしょう」というディレクター達の発言も重いものでした。


よく「中立」な立場をとることは理想とされますが、人それぞれ意見がある上、伝えたいことも変わってくる以上、どちらかのサイドにポジションを取るということがある程度必要となってきます。(実際のインタビューでも「中立」というのは相当実現不可能だ、という意見が多々ありました。)そこで思うのは、ポジションをとった上でバランスのとれた報道の重要性です。ポジションをとるのは悪いことではない、ならば何が問題かと言えば、そのポジションをより強く(説得力を増すように)させるために偏った報道をすることなのではないでしょうか。
[PR]
by congeniality | 2006-03-03 08:22 | Review

★☆★Politics of Media ★☆★ ①

e0026645_7554252.jpgこの頃、カテゴリの分類に悩みます。結局、興味がある領域がオーバーラッピングしているために、どこにいれたらよいのか微妙になってきました。
今日は久しぶりにメディアに入れてみます^^

学校で主催されたイベントで、現在SocialistWorkerという新聞で記者として働いているジャーナリストのAnindya Bhattacharyyaさんを招いてのディスカッションがありました。
以前このブログでも書いていますが、9.11以降にメディアが更にいろいろな役目(良い意味でも悪い意味でも)を担うようになっていること、インターネットが拡大しているから小さなメディアでも発信しやすくなっていることという項目があがりました。


その他、先月の記事で書いた「ビジネス化するメディア」という問題点について聞けたのでとてもよかった☆ミ 資本のほとんどが広告料金で成り立っている以上はまったくしょうがないことではありますが、全てのメディアが大きい企業とつながるようになっている仕組みでは何がfreedom of speechだ、という話になってきます。Capitalism ruined everything!なのかどうなのか一体・・・まあどんなシステムにも批判はあるでしょう(ってどこかの首相みたいな言い回しをするつもりはありませんでしたw)
続きは次の記事へ→
[PR]
by congeniality | 2006-03-03 07:55 | Media

動物愛護 対 Pro-test

デモや団体に関連して。
イギリスで規模の大きい団体の一つの、「動物愛護」。
彼らが、「動物実験反対」という抗議をしていて、それに対して「動物実験賛成(Pro-test)」のグループが立ち上がりました。設立したのは16歳のコンピューターに強い少年。
相互のデモが激しいことになりそうで、少年の家族や家もアラームを装備するなどの事態に・・・。
バランスのとれた社会にするためにこのような活動は大切なのか、それともただ争いが増えるだけの社会問題なのか、引き続き考えていきたい項目です。
[PR]
by congeniality | 2006-03-01 19:13 | Thinking about...

Killer-Coke

e0026645_1913292.gif先日SOASのStudent Unionの活動の一環として、Killer Cokeという団体のミーティングが行われました。
目的は、コロンビアのコカコーラ工場で労働者の権利が守られていないこと、またそれを会社側に訴えようとした代表者が殺されたり、労働組合の人も脅しにあったりしている状況を解決すること。一見、昔より肉体労働の条件はよくなっているようだけれども、ただ単に先進国からそのような労働が違う国にシフトしているだけのように見えます。


ミーティングは約2時間で、アメリカから招かれていた団体の代表者が、スピーチをし、英国内で既にkillerCoke活動を実行した大学のStudent Unionからもゲストスピーカーとして呼ばれていました。この活動については、マスコミも注目していて、アメリカで某ニュースに取り上げられたりもし、今回もITVが取材に来ていました。
Student Unionの活動は主に、コカコーラ製品を飲むのを止め、大学内の自動販売機を他社に変えるというもの→他社といっても、ペプシがいいのかといったらそういうわけでもないので、自然材料からできている同じような味のドリンクなどを導入しているそう。ただし、集まりに参加していなかったり、事情を知らない生徒に理解をもとめるのは結構大変そうです。ソアスでは実行するのでしょうか?まだその様子はありません。
団体の活動は幅広く→公演を行ったり、路上でキャンペーンを行ったり。ワールドカップの優勝杯がコカコーラ提供のものなので、それに伴って、ドイツでもキャンペーンが行われていたそうです。

路上のデモなどに関連して思うことは、お互い(コカコーラ側とkiller Coke側)の活動がヒートアップしすぎて、安全が確保されないかもしれないという危険です。
コカコーラほど規模の大きい会社ともなれば上からの圧力がものすごいし、労働組合が思うように活動できない→激しいデモなどに走る という系図になり「言論」というより「力」になっていかないかと心配ではあります。

労働者の権利からは少しはずれますが、
圧力団体が民主主義に良いか悪いかということは先日も書いたとおり両意見があります。
ちなみにイギリス国内で一番活発なのはFOX HUNTINGのグループ。
FOX HUNTINGは禁止、という法律が通りましたが、そこまで到達するのに膨大な時間が費やされました。果たしてそこまでして狐問題が大切なのか、そこで優先順位の妨げになるのではないか、という意見もあります。(結局、禁止されたものの、違うやりかた”本物の狐を追わない”ならいいということになっており、”たまたま通りかかった本物の狐を追ってしまった場合”というのが抜け落ちています失笑)
[PR]
by congeniality | 2006-03-01 19:02 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite