【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

次世代ベイビー

BBCのレポートをみていたら、、、シェフィールド大学の調査によると英国において、2~3歳の時点でコンピューターに触れはじめ、4歳までに45%がマウスを使うようになり、30%が自分でサイトを見るようになるようです。6歳ともなると、どちらの数値も完全に倍。インタビューに答えていた子達が好きなサイトはテレタビーズ(写真参照)やバービー。Interactionを使ってのコンピューター学習や、映像、音楽のダウンロードは当たり前の時代ですが、生まれて数年で使い始めるとなると、ダンシングベイビーみたいな赤ちゃんだらけになりはしないかと心配です。

匂いも感触もない世界に生きる前に、食卓にある果物を触ったり、自分でページをめくるという感覚を知りながら絵本を見たりするほうを先行させ、コンピューター利用はあくまでもその「応用」として発展していけばよいな、と思います。そんなことを思うのはちょうど小学生半ばでWindows95登場を迎えた世代だからかもしれませんが笑。ちょうど子供時代はテレビゲームは使わない派だったし、つながりにくいネットがあれば(小学生高学年になってSMAPの中居君がプロバイダーのCMをし始めたのが印象的ですが)、充分でした。ここまでが幼少時代の話。

そしてここ数年は、チャット、ブログ、ネットワーキングサイトなどで人々の思考が大分変化しているように思います。昔から人は誰かに気持ちを「知って」ほしいという欲があると思うのですが、表現方法は様々で、言葉意外にも、芸術作品、音楽、を通しての伝達、果ては路上に落書きをしたりなどなど…。それが友達に日記を公開するという作業を誰でも行えるという状況になって、ネット上の中傷や匿名でなんでも書けるという状況は以前から問題になっていますが、それだけでなく、親しい人の日記やブログを深読みしすぎてこれは自分に言っているのではないかと勝手に傷ついたり、足跡解析で相手の気持ちまでを詮索しすぎたりし、新たな精神的不安材料が生まれたりもします。そこまで深刻ではないものの、少なくとも私はそうやって気分不快に陥った事や時期がありました。「書く」側として考えたときも、「書く」というよりは「叫び」たい時だってあります。そんな時は逆に、誰にも批判されたくないようなLeave me aloneという状態なのに、どこかにむかって叫びたいという書く側の理由だけで更新すると(私は)思います。
冗談の言い合い程度なら単なるエンターテイメントとして使えるし、情報公開、お知らせ、募集、近況報告として使えたり、非常に便利ですが、深くて強い気持ちがスクリーンの中に入ってしまうと自分自身の中で混乱してしまったりすることもあると思います。
深くて強い気持ちを、デジタル機器に期待することも、依存することも、一向に報われない行為なのではないかと思ってしまうのはそういうことからです。
そしてもう一つの理由が、こんな構成も何もされていない思いつきの文章を無責任にも公開できてしまうということです。
最後に、デジタルの世界に翻弄されずに、それはある程度適当に使いこなすくらいにして、自分の世界を生きたいと願って止みません。

これはあなたに向けて書いたものです。(といわれたらびっくりするし)
これはあなたに向けて書いたものではありません。(といわれてもなんだか悲しい)

これをただの冗談と取るぐらいの心がまえでいたいものです。
ネットをある程度仕事と少しの趣味程度に割り切っている大人世代がうらやましい、と思いつつも、2歳からコンピューターを触り始める子供達と一緒に生きてゆく時代をどう「人間」の時代にしてゆくか、と思いながら。

e0026645_1752426.jpg


BBC産まれ、テレビ内臓のテレタビーズ。タビーカスタードというピンク色の食べ物を食べて生きている。小6の時になぜかテレタビーズにとりつかれた私の部屋は未だにテレタビーズに囲まれています。彼ら、CDまで出しています。しかもそれをMDにして持っている私lol
[PR]
by congeniality | 2006-07-29 17:13 | Thinking about...

人は見た目が9割

竹内一郎 新潮新書
何年も前から家にあった本…。かなり前に話題になっていたような。。。この題名、ちょっとびっくりしますが「外見について」の記述ではなくて、行動心理、仕草、伝達力、行儀作法、顔色、などを分析しているだけなので、落ち着いた内容です。
文章での伝達方法ではなく、顔と顔をあわせてのコミュニケーションに絞られていますが、劇作家、漫画家も兼ねている作者が人の「見た目」を使っての表現方法について記しています。

例えば、
①登場人物の話し言葉:舞台やテレビなどでも、言葉は「その通り」でなくてよく、「なんとなくそう聞こえていればよい」らしい。例として、役柄によって方言を使い分けるなど…。農民が東北弁でしゃべり、ドケチが大阪弁でしゃべったりすることで、イメージを作り上げるという。

②髪型:自分を若く見せたい場合は一般に前髪を垂らし(3、4歳は若く見えると言われる)、大人びて見せたい場合は前髪を上げる。

③「日本人は無口なおしゃべり」:という項目で、作者は商業や都市が発達する前の弥生式農耕文化の時代に日本民族のコアパーソナリティーが形成されたという説を引用し、
農耕民族一般がしゃべらないというわけではないが、パブリックスピーキングはあまり得意ではない、と発展させている。
また、単一民族のため、「相手にわからせようとする」努力に欠けているしその必要もなかった。

④没個人:暴力を振るうシーンなどで、舞台稽古のときに役者が普段着のときよりも、本番近くなり「衣装」を着用することによって、暴力を強く振るうようになる。


あくまでも、作者の経験に基づく分析であるので、この内容を日常にどう応用するかは読者次第。というわけで、少し思ったことは以下↓
①について、、、以前、いくら受身の視聴者であっても、自分の「見たいもの」を見ると安心する、という話を911とイラク戦争報道を分析した人の番組で聞きました。彼が言うには、「何の根拠もないのに侵略している」という事実を目の当たりにするよりも「大量破壊兵器が<あった>から我々は攻撃しなければいけない。」といった報道の方が国民としても納得がいく、というわけです。このような視聴者側の反応を意識して(他にも政治的なつながりも沢山あるにせよ)、事実が曲がって伝えられるということもわかっておかなければいけないと思います。方言に何の根拠もないイメージが付くのと同様に。まったくおちゃらけた話になりますが、テレビタレントでも視聴者の期待にこたえられない人はどんどん消えていきます。その反面、「ここでつっこんでほしい」というところでつっこみができるひと、「ここで和ませてほしい」というところで場をまとめられるひとは末永く画面上に残っている。期待以上のことをやってくれる人も含めて…。最近は小池栄子がいつも期待に答えてくれるので好きですw


③について、、、単一民族だったことは非常に大きな要因になっていると思いますが、一概に文化がパーソナリティーを構築したとはいえないように思います。パーソナリティーが文化を創りあげることもあるので、これは半々かと。どっちが原因、どっちが結果という終わり無き議論はさておき、パブリックスピーキングということに焦点をあわせると、確かに「演説」の技術は昔から発達していない、と作者が言っているのもわかります。日本で「腹を割って話す」という言葉が頻繁に聞かれることがよくあらわしているように、「腹を割って話す」ことがあまりなされていない土壌のようです。腹を割って話すということと「公」でのスピーチと関連付けて考えると、問題点は浮き彫りにされます。「公」でのスピーチがあまりにもウワベダケになりすぎている、という根本を解決するべきです。


④昔読んだ、亀井勝一郎か、誰かの詩集かなにかに(後で確かめますw)、「兵隊の姿勢を見て分かるように、手を動かさないでまっすぐに立つ姿は自分自身で考えるという行為を止められている状態」(例えば、彫刻「考える人」の姿勢と比べてみれば一目瞭然)といった内容を思い出しました。それだけ「没個人」というのは恐ろしいなと思います。
なにかに「なりきる」ということを通して、自信がつく場合もあるけれど(ということに加えて素の自分に自信がないということにもなりかねませんが)。コスプレがはやったのも、舞台が永遠に人を魅了するのも(舞台人(プロ)は素の自分にも自信をもてていると思いますが)、そんな理由があるのでしょう。

この話題、発展させていくと止まらないので今日はこの辺にしておきます。
[PR]
by congeniality | 2006-07-27 01:33 | Review

Karuizawa

came back from kita(north)-karuizawa this week;)
as this monday was a holiday(sea day...), there was a jam just before my family arrived...then we spent [4]hours! on the road which normally takes [20]min....... (thus, though usually it is around 2hours, the journey was more than 5hours from tokyo!) these things sometimes happen after the BIG shopping mall was constructed in karuizawa.

while karuizawa is being really fashionable, kita-karuizawa is more like a country side. because of the urbanization, it's getting more difficult to run shops and companies there. it is not surprising to see shops/restaurants disappear in a couple of years... But still, there are nice restaurants our family always go.

Anyways, it was nice spending time there surrounded by natures although it was raining so hard. the different thing from tokyo is "road". the main roads are paved but so many roads still being just "soil..." i realised i was totally forgetting the importance of soil when i was in cities. although it is difficult and sometimes even inconvenient(actually there were so many landslide because of the rain this week), it is human natures' responsibilities to deal with and live WITH natures.

e0026645_11122247.jpg

[PR]
by congeniality | 2006-07-21 23:54 | In English

黒目豆 【Black eyed peas】

e0026645_2313485.jpgCame to TOKYOOOOOOOOOOOOOOO (13,14/07/06) after their concert in Osaka;)
Luckily, we bought the tickets(from the guy who was selling tickets at the entrance of underground… I don’t think it was illegal… is it!?) 20min before it started!! and got the place in front of the stage----!! Their music definitely makes you daaaance. Each member has a different character but has one spirit in common. Anyways, I just wanted to tell you “They are hot!!” and I never forget that nite!
[PR]
by congeniality | 2006-07-15 23:18 | In English

Mitama festival

e0026645_2384888.jpgThe concert hall (武道館) is located across Yasukuni shrine, the most controversial shrine…(briefly, the soul of victims of the second world war is there, but also the war criminals’ …so the official visits of Prime Minister is under discussion.)
13/07 was the first day of the summer festival called mitama matsuri(御霊祭)this year. (to welcome the ancestors’ soul)
Although any justification of war should never be made, the summer festival itself is just for having FUN! among young people. The street towards the main building of yasukuni is full of temporally shops selling foods, games, and sweets. Potato with butter and miso is my favorite!!!!! Lanterns contributed by people showing their support are very beautiful at night. (TV news reported that there was no lantern contributed by Prime Minister Koizumi on the first day, but it suddenly appeared on the second day.) Since I don’t want to be neither left or right mind about this issue here, I hope this article is telling you only about one of the summer festivals I like.
e0026645_2393258.jpg
e0026645_239509.jpg

[PR]
by congeniality | 2006-07-15 23:10 | In English

High School

I visited the high school with my friend for the first time since my graduation…!!
It was wonderful to talk to teachers and students four years younger than me;) I love them, really.
Everything seems to be changed but nothing has been changed…school is always lively with many ambitious people. However, probably there are and there would be moral questions and challenges arisen by social reasons. I as being one of the graduates always do hope that the school is going to maintain its value…. It is easy to blame society and its effect, though; it is definitely necessary to be ready to look for causes or reasons within institutions. Otherwise, it is really hard and will be a long way to combat the problems (if any) I guess. I’m not suggesting a short-cut, but we should be brave to fix the problems from the inside before criticising the outside causes. Then, we can also fix the outside from the inside...
two-way process...complicated! I know.
[PR]
by congeniality | 2006-07-13 01:51 | In English

Crash

e0026645_17314744.jpg昨年夏公開以来見てみたかったクラッシュ
主題はアメリカの人種差別問題と聞いていたけれど、差別的意識や、不信感がつもり積もって新たなクラッシュを生み出してしまう現代の状況が鋭く描写されていました。映画としてのメインテーマは最初の5分で充分伝わってきましたが・・・。一度疑いをもってしまうと、それが連鎖になってしまう、という、悲しい現実は、どの時代もどの地域にもあることなのでしょう。日本は移民もほとんどいなく、国民の肌の色も単一といってよい社会。それでも、“外国人犯罪”などという言葉を使えば、アジア近隣諸国からきた人たちやその次の世代への偏見や圧力にもなりかねません。統計上、いわゆる外国人犯罪が増えたとしても、犯罪とはかけ離れた人たちまでの、ルーツや、大切にしたいvalueを傷つけてしまうことがないように。アメリカの場合はもっと根強いものもあるかと思うので、アメリカ社会がどう動いているのかにも興味が出ました。
Identityは結局、「we are like this. Because we are not like them」という形の他との比較で生まれるものが多いようです。差別意識、警戒心、というものも、その延長にあるような気がして、包括的なIdentityは共通する利益、もしくは「異質」なものが新たにでてこないかぎり、確立されないのかなぁ、と思ってみたりしました。。。
(サンドラファンとしては、彼女があの役で出る余裕があったらmisscongeniality3を制作してほしいw)
[PR]
by congeniality | 2006-07-11 17:37 | Review

ハリーポッターと炎のゴブレット

e0026645_17293963.jpgDVDが家にあったのに見てしまいました。
アクションが多ければ多いほど真実味がなくなるので、そういう意味ではやはり、一作目、二作目にはかなわないというか・・・。それが嫌なら本だけを読めばよいのですが。でも、映画は完全に個人の趣味で評価されると思うので、私もさらっと見る分には嫌いではありません。
[PR]
by congeniality | 2006-07-11 17:29 | Review

Little Manhattan

e0026645_1726224.jpg飛行機でのんびりかつ、食事したりトイレにいったりしながら見た映画3作。。。
10歳、11歳の子の初恋の物語。
彼の両親を描写することで大人へのメッセージもこめられている。
Trailerを見れば大体わかるくらいのお気楽映画ですが、主人公の少年少女がかわいいのと、マンハッタンを「子供」の目線で行き来しているところがとても魅力的です。
[PR]
by congeniality | 2006-07-11 17:28 | Review

Cafe in Kanda

e0026645_17214914.jpgThis region where there were full of used book shops in the past can be called “book town!” The huge book store and a lot of cafes reflect the still existing characteristics of this town. Today, after dropped by the book store my farther took me to the interesting café. Sabouru café! which is more than 50 years old… the nostalgic atmosphere was telling me something we forget in 21st century. I don’t know exactly what it is but there is…. There are many places, theme parks, where those kinds of atmosphere are artificially created, but this café is not artificial at all but it is the history; something we cannot possibly create within one day.




e0026645_17222430.jpg

[PR]
by congeniality | 2006-07-11 17:27 | In English
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite