【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

夏!総集編!

この夏、あってくださった方々本当にありがとうございました。あえなかった方々是非次の機会に。
7月から約二ヶ月過ごした日本の夏は、今まで以上に「日本」を楽しめました。
日本にいても違う国にいても、「いいところわるいところ」があるのだから、どちらも「好き」そしてどちらも「嫌い」。帰国した後の数日間はなんだか日本の「ここが変だよ」というところしか目につかなかったものの、再び感覚が戻るとやっぱり「ここがイイヨ」日本、と思うところも出てきました。

結局「慣れ」次第でどこにでも生きていけるのだろうけれど、「故郷」というのは大切なものだな、と思います。その故郷の「良さ」、(むしろ「好きな部分」といったほうがいいかもしれませんが)が、沢山あるのが夏!でもあります。
それぞれの文化に良さがあるけれど、やはり私の中で日本の夏祭りや花火にかなうものは日本の外にはどこにも見つからないのデス・・・何をどうしようと、そういう「夏の風物詩」に対する感情は体の奥からこみ上げてくるものです。




―今年の夏見た綺麗な景色―
  「りゅう」と「ちさと」
あたみの海水浴場で、友達とビーチバレーをしていた時、海にボールを落とすと、浮き輪に入った小さな女の子(幼稚園くらい)が「ハイ」といって拾ってくれました。また落とすと、今度はその子のおにいちゃん(小学生低学年くらい)が拾いにいってくれました。
なんだかボールが落ちるのを待ち構えているように見える2人。^^; 
「次あたし!」と言い出す妹・・・。
結局その子達にもパスを回してあげ、4人で遊ぶことになりました笑。
なんだか、あまりにもかわいい兄弟だったので、むしろこっちが遊んでもらっているような感覚でした。

名前は?と聞こうと思ったけれど、ふと自分の小さい時を思い出し、聞くのを止めました。{小さい頃、小さいからということダケを理由にやたらめったら名前や歳を聞いてくる大人がすごく嫌だと思っていました(笑)。遂には、母についていった洋服屋さんで「名前は?」と聞かれて「知らない」と答えだす。。。今思えば、可愛がってくれる大人に対して非常によくない態度だったと思うのですが、「子供扱い」する大人はすぐ子供に見抜かれる、ような気がします。}

そんなことを考えながら、「対等」に海で会った友達としてひと夏の思い出を作りたいな、と思いながら遊んでいると、おにいちゃんのほうが「えっと、ぼくはリュウ。こっちがチサト。」と紹介してくれました。地元ではなくて東京からあそびに来ていたようです。「また海に行った時に会いましょうね。こっちも元気で(そっちも元気で、の間違い)。」と言ってくれました。

友達になる前からメルアド交換したり、利益の為に名刺交換したりする世界とは正反対に、「また海に行った時に会いましょうね。」と言える子供の純粋さは、太陽がきらきら反射する海よりも綺麗に心に映りました。
何度もありがとう、といってくれたけれど、
やっぱり、遊んでもらったのは私達のほうで、ありがとう、といいたいのも私達のほうでした。



(写真を通して視覚で感じるのは微妙だと思うけどあまりにかわいい兄弟だったので載せます笑)
e0026645_22463023.jpg





さてさて、日本にいられるのもあと数日。。。今日やっとVISAが申請でき、明日から荷造り。9月20日頃まで欧州のどこかにいるのでブログはそれまでSHUT UP! just shut up shut up.
[PR]
by congeniality | 2006-08-29 22:47 | Thinking about...

踊る阿呆

@@@26日27日は高円寺阿波踊りで踊り狂ってきました@@@
e0026645_833070.jpg


ただでさえ祭り好きなのに、大通りで踊って叫ぶことが許可されるなんて、これ以上のことはナイ・・・大通りで光にあたって踊るのも最高だし、幅の狭い商店街でお客さんがすぐ近くに見えるのも激楽しいのです!!!うちわで扇いでくれるお客さんあり、一緒に踊りだす人たちあり、お互い自然と笑顔になります。
まっきーも言ってたけど、「愉快」で仕方ない!!

今年は両日とも居酒屋さん「黒潮」に“踊りこみ”(店の中で踊ること)に行き、一日目のお疲れ様会は黒潮にて。居酒屋に来ているお客さんは店内でいろいろな連の踊りを見られて、踊る阿呆も二次会でサービスしてもらえてまさにWINWIN状態です。

そして高円寺は、本当にいい町!!!
本部は大通りに作られ、駅前アーケードと商店街には見る阿呆のためにビールが飲める場所と露天だらけ。一日目:アゴ塩を堪能 二日目:豚キムチチヂミにがっつく 


最初に12年前の夏におんぶしてもらいながら見る阿呆をやって、踊る阿呆に魅せられ、11年前に踊る阿呆に転向。毎年参加してきたわけではないけれど、この頃完全に阿波踊りに夢中です^^; 

来年30周年を迎える所属連は、新宿の飲み屋さんが立ち上げた連。阿波踊りのときだけ顔をあわせる人達が多く、その家族、友達、そしてその家族、とどんどん輪が広がり、ある意味、一年に一度の大家族のような暖かさがあります。8月の練習で集まったときに「今年もよろしく!」と言って、お祭りが終れば「おつかれさま!また来年」といって別れるのにも、独特の風情が・・・

食べ物、飲み物、人々の温かさ、街のよさ、「粋」、「品」、「威勢」、といった日本の良いところが凝縮されたお祭りだと思います。魅力を簡潔にまとめるつもりだったのに、書き出すと止まらない・・・まぁとにかく、阿波踊りが伝わる日本に生まれて本当に良かった~~~~~~!!!





所属連ではないけれど、参考までに。(威勢のよい奴、男踊りの後に続いているのが品のある女踊り)
[PR]
by congeniality | 2006-08-29 22:36 | Thinking about...

~The glory of Persia~

ペルシャ文明展!!!!!!!!!!!!!!!に行ってきました。朝日新聞が大きくとりあげていましたが、ここまで大々的にやっているとは思いませんでした。上野駅周辺には旗がなびいています。

阿波踊り当日の朝にわざわざ見に行った大きな理由は、ペルシア語に興味がでてきたから。イラン人の友達にペルシア語の表記を教えてもらったときに、ラテンから発展した欧米の言語ではなく、中国語から発展した韓国語や日本語とも全く異なり、よく見かけるアラビア語とも違って、とても新鮮に感じました。法則にしたがって左に文字を繋げていき、文字が切れるところでは「はらい」の形で締め、絵的に見てもとてもかわいい言語です。

新鮮に感じたのは、今まであまりにも知らなかったということでもあります・・・。中東周辺と聞くとアラブの文化と混同てしまう初心者の私は、昨年から仲良くしているホマというイラン人の友達に何度も指摘されました。

ホマ:ペルシアの猫について話す
私:「それって大英博物館にある大きな猫?」
ホマ:「あれはエジプトの猫だよ笑」

私:「ベリーダンス習ったことある?」
ホマ:「あれはアラブの文化。イランはペルシアだから!」

私:ついに「イラン」のことを間違って「イラク」と発言
ホマ:「Ok, then, are you from ジャパック?」
と聞き返される始末。

ちなみに、ホマとは幸せを運ぶ伝説の鳥の名前だそうです。「くちばしの角度が私の鼻みたいなの」とホマはいつも言っていました笑 そんな彼女を通して、もっと知りたいと思ったペルシア文明でした。今はまだsalam!くらいしか知らないけれど、やはりペルシア語は近いうちに学習してみたいと思う言語の有力候補です。

e0026645_137514.jpg


今回の展示では、前5千年紀前半のものから、イラン高原で見られた動物型の土器(←注目!)、アケメネス朝の黄金の文化、そしてシルクロードで日本にも伝わるようになったササン朝のものまであります。どれをとっても、迫力が感じられるものばかりでしたが、私が一番引き付けられたのは、こぶ牛、山羊、熊(雄と雌の2種類あったという)などをかたどった土器です。中でも、金色のピアスを付け(笑)、つやつやに磨かれたこぶ牛形土器(写真参照)は、その抽象的な形と暖かい丸みが、見る人々を次々に魅了していました。

人間の長い歴史の先端にあるのは、やはり<文明>。その先端を見てこそ、その土地に今生きる人々への理解にもつながりそうです。
後の人間が築いてきた文化、そして現代の美術も素敵ですが、文明には<偉大さ>そして<強さ>がありました。
[PR]
by congeniality | 2006-08-28 13:12 | Thinking about...

世界バレエFES!

第11回世界バレエフェスティバル(30周年記念公演)
第1回公演も見たという母と、8月9日のBプロへ。
(夏も終わりに近づき、振り返って書いているため、日にちがどんどんさかのぼった日記になっていますが・・・)
18時~22時まで、数々の演目の「グラン・パ・ドドゥ」だけを総勢17組が踊り、充実感、満足感、ありすぎる公演。訓練に訓練を重ねた人達の見ごたえある演目、という印象と同時に、「完璧」を作り上げることの難易さも感じられます。それでも「完璧」を目指すその「方向」が見えることも美しい。
e0026645_22344252.jpg

[PR]
by congeniality | 2006-08-22 23:05 | Thinking about...

都市について(続き)

Antoni Gaudi i Cornet
1852-1926(↑このサイト、写真が沢山みられる)

都市で行われたイベントに参加し、「いつものように目的地から目的地を移動する自分」を離れ、客観的に都市を眺めてみたこともあって、たまたまガウディの建築についての特集番組を見たとき、いろいろと感じることがありました。

『現Parque Guell(グエル公園)を<田園都市>にしたいと構想していたガウディでしたが、その時代には2件しか売れなかったそうです。貯水池に雨水をためて利用する、など、自然になるべく近い生活ができる環境をめざしていた田園都市よりも、早くて便利な都市に人々は流れて行ってしまいました。』

というところだけを聞くと、自然と、都市と、という方向の話に逸れそうですが、都市の中に異彩を放つガウディ設計の建物をみると、一概に「自然を忘れないで」という趣旨だけではない気がします。そういう単純な話だったら、土の床に木の壁、というものでもよいはずです。あくまでも「人工」の建物に、「自然」の世界観、「自然」のもちあわせた曲線、を取り入れたところにガウディの「作品」が生まれたのだと思います。つまり、自然のモチーフを使った、というのは彼の手段に過ぎず、ガウディという人間の生がなければそれらは表現され得なかったものなのです。未だ建設中のSagrada Familia聖堂と、スペインにある彼の建築物をいつかこの目で見てみたい。
未だに建設中という話題性に惹かれるのではなく、奇人とも呼ばれた人の作った建築物を受け入れる街に興味がでてきました。
[PR]
by congeniality | 2006-08-21 12:18 | Thinking about...

東京非日常化プロジェクト

東京非日常化プロジェクトに参加しました。(8月12日)
エネルギッシュなコアメンバーの方達と、趣旨に賛同し参加した大学生に沢山出会えて嬉しかったです。参加者、そして東京という都市を行きかう人々にとっての「非日常」が繰り広げられた一日。そして、この日参加者一人一人の中に芽生えた非日常はこれからも一人一人の中に残っていくような気がします。日常に戻っても、「非日常」は消えない。この先、もっともっと沢山の人々を巻き込んで行くにも、いろんな形で発展できそうな企画!
誘ってくれた企画者<ありー!>ちゃん、みんな、ありがとう!
[PR]
by congeniality | 2006-08-21 01:18 | Thinking about...

Reality(写真はマダムタッソー)

Do you live in dreams?

e0026645_1323241.jpg


Do you believe what you see in front of you?

e0026645_130974.jpg


People say back to the reality. But how can you possibly do that when you even dont know what "is" the reality?
So we can only DANCE?

e0026645_1325555.jpg


Live our showbiz life.
but actors dont act there. they only live...that's what we cannot deny.
[PR]
by congeniality | 2006-08-17 13:08 | In English

Place has been Confirmed! 成績&UCASからのオファーレター

先月末、Intermediate Certificate Course(学部進学予備コース)からの成績が届き、SOAS入学の条件を満たしていたので、9月からロンドン大学東洋アフリカ研究所へ入学決定しました。日本から支えてくださった方々、現地で出会った方々、どうもありがとうございました。
→その後の流れ
今週、UCASからの正式なオファーレターが届き、それにReplyします。(注:Replyは個々の大学にします。UCASへ、ではない)
一年間お世話になったUCASというアプリケーションシステムには、これで一応お別れです。
昨年度からWeb上の入力しか受け付けなくなり、出願後もWebで経過が見られるので便利でした。が、間違ってwithdrawしたらどうしよう、といちいち気を使っていたので、一安心。。。(^^)
[PR]
by congeniality | 2006-08-08 22:21 | Life in UK(academic)

Hold on to good friends; they are far and few between!!

e0026645_22355028.jpg

[PR]
by congeniality | 2006-08-07 22:41 | In English

Live up to your name

e0026645_22342795.jpg

[PR]
by congeniality | 2006-08-07 22:34 | In English
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite