【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年振り返りバトン

インターン先で出会ったりさちゃんから貰いまーす
一部勝手に変えたり加えたりしたよxx
【1. 2006年、1番行った場所は??】
上半期はラッセルスクエア
9月からの3ヶ月はキングスクロスまで雨の中よく走った歩いたタクった

【2. 2006年、1番一緒にいた人は??】
バラエティ・・・

【3. 2006年、1番の収穫は??】
中国系英語と
シンガポール英語と
インド系英語と
パキスタン系英語
の物真似なら、まだアマチュアだけどかなりレベルが上がったと自負

【4. 2006年、1番見た番組は??】
DesperateHousewives
ニュース全般

【5. 2006年、1番聞いた曲は??】
一年を通してだとBlackEyedPeas
けど今年もよくTinaTurnerを聞いた
下半期はアマリアロドリゲスのファドをよく聞いた

【6. 2006年、1番高価な買い物は??】
パソコン、と言いたいところだが、航空券の方が高かった
天候次第で飛べなくなり、テロにも臆病で、何時間でも平気で人を待たせる航空券がどうしてこんなに高いのか。だからといって自分じゃ飛べないし・・・

【7. 2006年、1番の悪事は??】
牛乳が盗まれた時、違う人のを盗み返した

【8. 2006年、1番おいしかった食べ物は??】
日本で食べた黒毛和牛
イギリスで食べたあたりやのちらし寿司
最近「食」=幸せ という状況にあります

【9. 2006年、何度旅行した??】
オランダ_ベルギー_デンマーク_ポルトガル_ノルウェー_モナコ_イギリスのケント、オックスフォード_ 軽井沢_熱海_仙台 (エジプト、イスラエル、トルコを急遽変更してヨーロッパ旅行に。そして結局行けずに終わってしまった関西は来年こそは!)

【10. 2006年、何度携帯変えた??】
0回。
来年は変える予定でございます

【11. 2006年、何度映画見た??】
去年よりは見たと思うけど、面白くない映画も意外に多いな、と実感

【12. 2006年、1番印象的だった光景は??】
空港でテロ警戒のため大きな銃を抱えた警官が行きかうすぐ横に
ChildCareと書いてある部屋の看板が目に付いた
世の中矛盾しすぎ

【13. 2006年、1番驚いたのは??】
サダムフセインの死刑執行
いろいろと思うところはあるがすぐには言葉が出ない

【14. 2006年、1番心に残った言葉は??】
各部門賞にわけて勝手にエントリー・・・

人生部門
Patience is the key

政治部門
Security is not liberty
Liberty is not unlimited (つまり、Liberty is Limited)
Forced to be free

お笑い部門
(DesperateHousewivesから数々の台詞。特にイディーの発言)


友達部門
「うどんは割れないでしょ」とお父さんにつっこみを入れていた>ゆりちゃん
「We give u a freedom of speech, but if u use it, ull b dead」という教授の話を引用していた>リサちゃん
「日本人は宗教をもてあましていると思う」、という名言を残した>まっきー
旅の言葉、ポテンシャルの言葉>M&Mさん
男女の定義>はっとりさん
毎回日記がほんとにおもしろかった>遊水地さん
相対主義者の悩み、っていう内容の日記を書いてた>ありちゃん


その他部門
「僕は民主主義、大賛成だよ!みんなが平等に発言できる社会に大賛成だ!」>ってチュートリアルの発言を一番独占していた君!!
「長らくお待たせしていることにお詫び申し上げます。you can still wait in the queue, but we recommend you to go back home and book tickets again」>って8時間待たせた後にいいはじめた○○航空のアナウンス
あとなぜだかわからないけど「ヒアルロン酸」という言葉が頭から離れない

【15. 2006年、最後に1番いいたい事は??】
2006年はバラエティに㌧だ人達と沢山かかわれてとっても感謝しています
大切なことばを沢山くれたみんな、ありきたりな言葉だけど「ありがとう」

2006年はいろいろなものを見たけど、それらを通していろいろなことが分かったようで、
実は同時にいろいろなことが分からなくなった
2007年はもっと的を絞って「集中的」に「徹底的」に面白い年にしたい
そしてこの矛盾しているようでしていないようでしている社会で生き抜いていかなくては(゜▽゜;
「来年もよろしくお願いいたします」
Best wishes for all

P.Sそれと、ケータイに出られないことが度々だったり、メールを返信するのがおくれたことを
ここにお詫び申し上げます・・・

【16. 次にまわす人は??】
今年中に間に合うようだったら拾ってください

今年最後にクリックしてね↓

[PR]
by congeniality | 2006-12-31 08:53 | Thinking about...

The devil wears prada/ Pirates of the Caribbean

The devil wears prada
★★★★★
主人公が一段階成長したのが伝わってきてこっちまでそんな気持ちを一緒に体験できるような内容。一人一人が個性的な役柄を演じていたけれど、どのキャラクターの性格も、すべてとは言わないにしても、観ている人が自分の中や自分の周りにも発見できてしまうところが面白い。映像的にもかわいくて綺麗で洗練されていてさすがプラダ!
e0026645_23553651.jpg

役どころとしては、主人公よりも、FirstAssistantのEmilyの方が面白みはあった
なんだか自分の知っているところにも思い当たるような、キャラクター↓
e0026645_2359315.jpg



Pirates of the Caribbean -Dead man's Chest-
★☆☆☆☆
いくら昔海賊になりたかった私でさえ、面白くないと思ってしまった
あそこまで話題になっていたのだから少しは期待していたのに。
アクション物の漫画と思って観ても、飽きてしまったので結局飛ばし観w
30分のストーリーだったら好きになれますが、これで2時間半は長すぎる
と私は思いました。ただし、絵的にいえばキャプテンは理想的な海賊像v
e0026645_093974.jpg


クリックヨロシク↓

[PR]
by congeniality | 2006-12-23 00:10 | Review

一学期振り返り

情報は操作できるので(笑)ポジティブに書こうと思えばいくらでも書けますが
今回は自分に厳しくするために<○○でしたが○○だったので良かったとおもいます>
ではなく、<○○は直したほうがいいと思います>形式でいきます

直さなければいけない点―十戒
①遅れたとしても来たんだから、こなかったよりはいいでしょ?という態度
②ミュージカルに行きすぎる
③大学の授業ではないからといってフランス語の宿題をおろそかにする
④外食をしすぎる件に関して
⑤朝食をとらない件に関して
⑥読まなければならないものをためる事
⑦曖昧な理解のままで次に進むこと
⑧やるべきことをやる時間と、そのほかの時間を混同すること
⑨課題に時間をかけているときに、世界で何が起こっているのか把握できなくなること
⑩幅広く情報を入れるのは良いとしても、一番大切と思われることに注意が払えなくなること

特に⑦:自分の担当するプレゼンと、提出するエッセイさえ間に合えばいい、というのでは
不完全燃焼。カバーした内容は下からしっかり積み上げていかないとジェンガになってしまう。
あぁ、こうはなりたくない・・・こうはなっちゃいけない・・・↓
e0026645_5422016.jpg


あまりにも暗くなったので、やっぱり改善された点も挙げます!
→遅刻はさておき、出席率はとてもよかった
→体に悪いポテトチップスの消費に歯止めをかけた
→無駄な買い物がほとんどなかった
→本の延滞料金が少なかった
→全体的に効率がよかった
・・・改善された点、少ないなー(;д;)もっと暗くなった
言ってみれば、このままじゃだめだ状態。


明るい話題:アラビア語との出会い
アラビア語は、習うごとにどんどん好きになっていきました
*今学期は、「スクリプトを習うことでその国の文化についての理解が深まります」という
大学の授業のパンフレットに書いてあったことを、体験できた
その土地で生まれた文化というのに直結している言語は
人々の思考の原点になるものでもあるから、人々を理解するのに一番役に立つ

*もう一つ、英語だけがすべてではない、という根本的なことを学べた。
英語を習ったときに、ローマ字に囲まれて生活したい、と思うほど好きになり
イギリスにまでやって来た自分がいる。
その当時は、標識でも雑誌でも、英語で書かれていると、何でも格好よく見えるなーとか思っていた。しかーし、客観的に見れば、日本語のネオンサインも、アジアンテイストでいい感じだし
他の言語も、その土地にいってみればその土地らしさが感じられて魅力的なはず。
つまり、違うスクリプトを学ぶことで、日本語も英語も客観的に見えるということ。
次はアラビア語スクリプトに囲まれてみたい、という気分になっているこの頃。
同時に、日本語も英語も初心にかえってもっと大切に学ばなければなーとも思う。

最後にスターバックスとマクドナルドを書いてみますw
e0026645_7105134.jpg

Im loving it♪
[PR]
by congeniality | 2006-12-19 05:56 | Life in UK(academic)

A Slice O'Minnelli

先日ミクシーではお騒がせしました→昨夜ピカデリーのアポロシアターで行われた一夜公演A Slice O'Minnelli
簡単に言うとRick SkyeによるLiza Minelliの物真似が、NYから一夜だけやってくる、というもの。DragQueenのショーを見るのは初めてだったのですごく楽しみにしていました。
ちなみにアポロシアターは、ミュージカルCabaretの隣にありました。これは意図的に?笑

FemaleImpersonatorにもいろいろあって、Lizaの物真似も一人ではない、ということが判明。昨夜のRickSkyeは、とにかく歌唱力がある&トークがうまかった!笑いのセンス、間のとりかたは、さすがDragQueenのパフォーマンスだけある。

ニューイヤーに、NYのタイムズスクエアで大きな靴とかに入ってシャンパンをあけてるDragQueen達をいつか見てみたいものです。
e0026645_4534852.jpg


クリックヨロシク↓

[PR]
by congeniality | 2006-12-18 04:57 | Review

街頭インタビュー

を、受けました。生まれて初めて。

あきらかにBBCなどの大手では無さそうでしたが、
聞かれたのは「What's your resolution for the next year?」・・・
「エッセイを早めに書き始めること。」ぐらいしか思いつかなかったけど
向こうの質問の趣旨は「何を変えたいか」についてらしかったので
とっさに、「何か変えるのはとっても難しいことだと思うけど、とりあえずtolerationと understandingがもっと必要だと思う」という
とことんとんこつありきたりなStupid replyをしてしまいました。
こんなひどい答えではたぶん、カットされるだろうけど。

だからといってresolutionって何だろう?
人間にもっと必要なのはImaginationで、落ち着いて相手の気持ちをImagineすることができれば身勝手な行動は取らなくなるはず。だけれど、これはジョンレノンが何十年も前に言っていたことで、そのようなメッセージが突然“2007年のResolution”になるとは思えません。
なんだか、昔から根本は全然変わらないなぁ、と思えば思うほど、本当に私達は何か変える気があるのだろうか、と自問自答してしまいます。
だいたい、自分が一杯一杯の時は人のことよりも自分のことを考えてしまうのが人間。
そんな人間の一人である自分が、みんながうかれ気分という先進国の年末という状況下で、このような街頭インタビューにこんなありきたりな答えを言うことに嫌悪感を感じたりもします。


なんだか、最近政治を勉強すればするほど、1行の質問に1行で答えるということができなくなってきている気がします。去年のチュートリアルで、先生は生徒の一つの質問に大抵15分から30分かけて答えていました。それじゃあ一時間に2~3問しか質問できないよねぇと友達と笑っていたけれど、すべてが一言では済ませられないようなディスカッションであることは間違いありません。以前、「こうだったらいいのに」「どうしてこうじゃないの?」と大人に聞いて「でもねぇ」「そう簡単にはいかないよ」と言われると頭にきていたけど、きっと知れば知るほど「そう簡単にはいかない」ことばっかりになってしまうのかもしれない、と思ったりします・・・。
ただし、希望的観測としては、(今年の夏にブログに書いたように)Ignoranceから生まれる自信ではなくて、経験から生まれる自信、が確立できるようになれば、もう少しマシな答えが思いつくかもしれない。

もちろん1行の質問に3000字で答えることも必要だけれど、街頭インタビューをせっかく受けたなら採用されたいもんね笑(変なオチ)

What's your resolution for the next year???
[PR]
by congeniality | 2006-12-16 11:13 | Thinking about...

Billy Elliot!!

e0026645_1038412.gif

Billy Elliot(つまり、リトル・ダンサー)
自分からはそこまで観ようと思っていなかったけれど
「今学期最終日を祝おう」ということで急遽行くことになったのがこのミュージカル
(本当は来年までミュージカルは止めておこうと思ってたのに^^;)
それはともかく、
子供達はかわいいし、主役の子のダンスはすごいし、・・・クリスマスらしい扮装もあって
なかなか良かったです。
ただ、ミュージカルスターの中に、唯一バレエダンサーが加わったときには、
筋肉のつき方があまりに違って、ミュージカルの途中なのにバレエに行きたくなるという
衝動に駆られたりもしました。
それもともかく、一番好きだったのは、アンコールの時のダンス
―HappyEndというのも学期末には良い―
[PR]
by congeniality | 2006-12-16 10:38 | Review

Page Turner (movie)

Page Turner(フランス映画)を、仏語クラスの有志のメンバーで見ました。ようは、仏語映画を見て、食事をしようという遊び(?)
e0026645_1091117.jpg


こここここ怖すぎる、この映画。本当は写真を載せるのも怖い笑。
TimeOutのレビューがとても参考になります。
このレビューが言うように、ヒッチコックのような怖さ。
バイオレントな怖さではなくて、心理的な怖さ。
ありえないようで、ありえそうな、怖さ。

内容はそんなに入り組んでいるわけではなく、
ピアノに挫折してしまった少女が大きくなってから「復讐」を図るというもの。
舞台裏の様子や、効果音が、生々しいので、
そういう意味ではとても見ごたえがある作品で★★★★★。
しかし、ストーリーは単純で、あまり見ている側に疑問を投げかけたり考えさせたりするものではない、という意味では★★☆☆☆。
最後の凍りついたような表情のシーンは目に焼きついて未だに離れません。
[PR]
by congeniality | 2006-12-16 10:10 | Review

PRETクロワッサンの作り方

冷えすぎたサンドイッチの2分の1の価格で、冷えすぎたサンドイッチより100倍おいしい
のがPretの暖かいクロワッサン
(このメニューは唯一日本のコンビニに対抗できると思う)
感動したハム、チーズ、トマトCroissantの作り方が偶然にもパッケージに載ってたから紹介↓

[Ham, Cheese and Tomato croissant!]
Ingredients
A freshly baked croissant
A thick slice of Emmenthal or Gruyere cheese
2slices of tomato
A generous slice of beech smoked ham
Sea salt and coarse-ground black pepper

Making the filled croissant
1,Heat the oven to 220℃
2,Slice along the top length of the croissant
3,Fill the croissant with the cheese, tomato and ham
4,Season with a little salt and coarse-ground black pepper
5,Bake in the oven for 5min until the cheese has melted into the buttery croissant
6,Serve first thing in the morning (works equally well with or without a large hangover!)

では今からまたPretへ行ってきます
[PR]
by congeniality | 2006-12-14 20:05 | Life in UK(general)

締め切り

おひさしぶりです
学期末で慌しかったので更新を自粛しました笑

さて、締めて切る「締め切り」か、死の境界線「deadline」か、、、どちらでもいいけど
大学のカウンセリング担当の人から全員宛に送られてきたメール(以下)

Are you

Struggling with essay deadlines? Handing in this term's essays late? Have Essays to write during the vacation?

The Learning and Teaching Unit with the Student Services have organised a workshop on

Procrastination on:
Wednesday 14 December at Vernon Square - room VG01 - between 3 – 5pm

If you find you put off writing, leave it till the last minute, surf the net, watch TV or tidy your space instead of getting down to writing or other important tasks, this workshop may help you break familiar habits - and reduce the pressure

Yes。Yes。と連続で答えたくなりそうなこの質問達・・・
ただし今日という日のセッションはあまりにエッセイの締め切り直前なので
気にはなったけど行かずにエッセイを終わらせました
(自分で計画していた自分の中の締切日よりはかなり遅れてしまったけれど
去年のような5分前仕上がり、だけは繰り返すまい笑)
でもこのセッション、かなり気になるので今度個人的に聞きにいってみようと思う
意思を強くするしかない、というだけでは何の解決策にもならないから
具体的には、自習室に行くとか、時間を決めて図書館に行くとか、が必要なのだろうか・・・

今学期もあと2日で終わり
その後3週間以内にエッセイもう2つとアラビア語の試験勉強~
冬休み前に解決策を考えます
___________________________________
P.S.
Revolutionのエッセイを書いている最中、すこし解放されようと思って食事をしに降りたら、
目の前に座った友達のパーカーにデザインでRevolutionと書いてあった。
・・・。

こちらもクリックよろしくです■■■留学生ブログRankin’■■■
[PR]
by congeniality | 2006-12-14 07:54 | Life in UK(academic)

BBC Studio

今日は、フランス語の帰りに去年から行きたかったBBCStudio見学にやっと行ってきました
というか本当はなにも師走に行くつもりはなかったのに、先月電話したときには予約で一杯だったので、今日になってしまった・・・
学生で一人1200円ぐらいのツアー
平日と土曜、一日に数回実施されていますが、平日の方がテレビ局に活気があるため人気
今日は土曜だったので、ニュースセンターも比較的まったり気味でした
まわった順番に挙げると、
①建物の外観
②ニュースセンター
③スタジオ
④コメディーを撮影中のスタジオを上から見学
⑤ダンスをリハーサル中のスタジオを上から見学
⑥出演者控え室
⑦お天気センター(計2つ)の説明
⑧クイズ番組のセット



①全体の印象は、思っていたよりも、古い建物で一番あたらしく作られたというニュースセンター以外はモダンな感じはあまりしない(とはいっても、世界で初めて「テレビ局」として総合的な建物がたてられたのはここがはじめてという事実にはBBCの偉大さを感じる)
大学のキャンパスのような感じかもしれない
以下の写真が背景になって中継が行われているのをニュースでよく見かけるけれど
この右側が円形の建物になっている
円形にすることで、360度の背景を撮影できる 
e0026645_4215139.jpg


③撮影を行っていないスタジオに入らせてもらった(合計8個あるうちの一つ)
セットがおかれていなかったので、体育館よりも大きい、倉庫のような感じ
トラックで物が運び込めるようにドアも大きい
天井には無数の照明

⑤なんと、、、リハーサル中だったのが、こんな感じで話題になっているDancing with the starsという番組!!!
(芸能人社交ダンス大会みたいな笑)実はBBCのやっているエンターテイメントの中で好きな番組のうちの一つw
テレビで見ていると、どこかの劇場か舞台を借りて撮影しているように見えるのに実際は
まっさらなスタジオに組み立てられたおおがかりなセット
(照明効果もミラーボールもあまりに綺麗すぎて、もうここに住みたいぐらい笑)
e0026645_4222199.jpg

ガラス越しから見た光景はまさに現実の中につくり出された夢の世界だった
まぁ、いくら現実が作り上げた夢だとしても、作成者側と視聴者側の、お互いのイマジネーションが最大限に発揮できてこそTVエンターテイメントの楽しみだ:D
e0026645_3394061.jpg



⑥スーパースター用の控え室のドアは、普通の出演者の3倍以上の大きさ
ドアノブなしの隠し扉のようになっている
更にスーパースター用だから、という理由で大きな星が描かれていた笑

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちなみにロンドン市内にいくつかスタジオはあるけれど
White City駅(セントラルライン)にあるツアーが実施されているこのスタジオが
一番の中心。1時間の番組をつくるだけでも大変なのに国内と国外に向けて24時間止まらずニュースを流しているというのは、どう考えてもすごい
日本のテレビ局は海外のニュースを独自のリサーチ以外にBBCやCNNから入手することができる、反面、BBCはロイターなどのいわゆるSourceを使う以外は全部自分達でやっているのだからどれだけ大きな組織なのかということもイメージできる

日本で初めてCNNロケを見てから約2年
今回の見学では、こういう大学でこういうことを学んだ人が、
セットをデザインしたり、照明を管理したり、プロデューサーになったり、
こういう経験をしたひとがこんなプログラムをつくったり、しているのではないかなー
という大体の想像ができるようになった
まだまだ遠い世界ではあるけれど、ただ雰囲気をみて「わー」と思ったNYのCNNスタジオ見学の時より、
働いている人のキャラクターや仕事内容を若干でも理解できるようになったのは嬉しい

Yuki's status
Yuki is confused by the essay question and the Iranian government in 1980s produced by the revolution.
■■■留学生ブログRankin’■■■
[PR]
by congeniality | 2006-12-03 04:40 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite