【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

JUMP (martial arts slapstick)

e0026645_3281497.jpg今月17日、LSEの隣のシアターで見ました
今学期最後の週末によく行けたと自分でも自分の計画性のなさに驚きです

Korean Martial Arts!韓国人の一家族のクレイジーな日常が舞台。今まで韓国とイギリスと他数カ国で上演していて、5月に日本にも上陸するらしい!
見た後に残る感動よりも、見ている最中の笑いと感動のほうが大きい笑
普通では再現できないような、漫画のようなシーン(たとえば、人が感電しそうになるところとか、スローモーションとか)を、MartialArtsの実力で本当に再現してしまっているところが笑いのポイント。ユーモアセンスは、同じアジア人として理解しやすい面もある。お笑いだけに終わらない、まじめにすごいシーンも多々。ちなみに家のリビングのセットの上に掛けられているハングルは、Live Normallyという意味(韓国人の友達情報)
会場には小さい男の子ばっかり来ていたけど、また機会があったらMartial Arts系はぜひ見に行きたいです
それから、今まで政治的なことには日中韓のことにも興味があったけれど、あまり文化的なことに注目したことがなかったな、と反省。近くて似ているものよりも、遠くて違うものに目がいってしうまう単純行動にはこれから気を付けます。近いからこそ、知っておくべきことがあるはずだ。

←留学ブログランキングクリックよろしく!
[PR]
by congeniality | 2007-03-26 03:00 | Review

Mary Poppins (Musical)

e0026645_2262421.jpg2月に見たミュージカル、メアリーポピンズ
噂の通り、すごくいい、ほんとにいい、すばらしい(絶賛しすぎ笑)
舞台装置と演出も、本当にマジックを見ているみたいでした
メアリーポピンズのお話の魅力も、本で読んだり映画で見たりしていた小さい頃と比べて、今まで以上にわかりました
公園に散歩にいったら突然雨に降られたり、傘が吹き飛びそうだったり、まさにイギリス文化があってこそ生まれた作品だということも、実感を伴ってわかりました。
(晴れていると思って出かければ、雨が降ってきて、折り畳み傘はかならず裏返しになる。雨が降っていて傘をしっかり用意して外にでれば、5分後に晴れる。)
そんな陰鬱な天気でも、厳格な階級社会があっても(現代ではそんなに露骨ではないけれど)、なぜか愛着が持てる国。その理由はメアリーポピンズが教えてくれるはずです
ミュージカルのキャストでは、メアリーポピンズ役の人間味のなさ(特別感)が上手でした



昨年の夏に書いたメアリーポピンズ関連のレビュー

YoutubeでBBCで放送された舞台の模様が見られます
Practically Perfect
Supercalifragilisticexpialidocious
[PR]
by congeniality | 2007-03-26 02:30 | Review

Movie×2

e0026645_1571866.jpg飛行機でみた一作。Man of the year、これは、本当に面白い!!!★★★★★
コメディーと言っても、見ていてフラストレーションの感情もたまる映画なので少々疲れましたが、民主主義、選挙、国民、メディア、ユーモア、政界、というもうおもしろすぎてたまらない世界が見事に描かれている アメリカ大統領選ということで、背景に大企業が絡んだりととにかく規模が大きい
その規模の大きさと、一人一人の人間に焦点をあてている繊細な描写がかみ合っていてよい

□マイケルムーアもオプラに次期大統領になってほしい、とせがむように
政界批判のうまいコメディアンやジャーナリストに出馬してほしいと思う国民は少なからずいるはず
それが実際にそうなったらどうなんだろう?という疑問にも答えが出るような映画で、
終わり方が単純な大成功物語じゃないところが変に夢夢しくなくて好き。
□それから、ブッシュ氏とゴア氏の時にもあったような、投票のカウントの正確性の問題が
コンピューターシステム導入というテーマであげられる。

特に印象に残ったのは、「プロセスが大事なんだ、いくらシステムに欠陥があったって、人々が投票するというプロセスが成り立てば民主主義。」(と会社の利益を守ろうと保守的になる社長)、「テレビに映ると、なにもかも本当っぽく見えてしまう」、あげるときりがないけれど、セリフ一言一言にユーモア、皮肉、たっぷりで現在の民主主義に疑問を投げかける点がたくさんありました。


e0026645_2155093.jpg
麗しのサブリナ
最初オードリーだと分らなかったw
でもロングからショートカットにして登場するシーンはさすがオードリー
話の内容自体は単調で長くて、行ったりきたり・・・私の好みではない
結局着陸態勢に入ってしまって最後まで行き着かずでした笑
完全なる計算ミス
[PR]
by congeniality | 2007-03-26 02:18 | Review

Movie×4

今学期が終わった祝いで、祝宴をあげたあとDVDレンタル屋の閉店セールで格安DVDを購入。一夜で4本見ました(しかもすべておちゃらけた映画笑)

e0026645_1333032.jpgまず最初にサンドラブロックのStolenHeart。ここまで知られていないサンドラの作品も稀・・・
サンドラの作品はすべて知り尽くしているとおもっていたのに
邦題は「恋する泥棒」 確かに泥棒2人の恋の話。MissCongenialityで悪者を追いかける役ばかりなのにこの映画では逆に追いかけられている・・・





e0026645_1371911.jpg続いてオルセン姉妹のNewYorkMinute いまやセレブのオルセン姉妹、人気なのは知っていたけれど私自身はまったくファンではありませんでした。でもこの映画をみて、何がかわいいのか分りました笑 こんなにどんなファッションでも似あうセレブも珍しい。兄弟愛をかたるところなんかは、真実味があって魅力的 














e0026645_1524959.jpg
Gone in 60seconds 車好きにはたまらないかもしれないけれど、制限時間内に50台盗んでこい、というストーリー設定の意味がよくわからないw
確かにアクション映画に最初から意味なんて求めないので、音響と証明だけで楽しめる作品












e0026645_1464852.jpgくだらないと噂に聞いていたAmericanPie・・・泣きたいほどくだらない!!!けど笑えた
悪ふざけをするアメリカのTeenager
GraduationまでGradfxxxingation!といってしまう主人公
荒れても許される次期に荒れておくのはいいことですw
[PR]
by congeniality | 2007-03-26 01:55 | Review

祝Term2終了

e0026645_2145111.jpg本日エッセイを3つ提出して無事Term2が終了しました。
今月は非常に慌しく、いつ寝ていつ起きていたのかレッドブル以外に何を飲んで何を食べていたのかよく思い出せません。何度か月が出て月が沈むのを目撃したり、日が昇って日が沈むのを目撃しました。部屋は片付けたと思ったらあっという間にのだめの部屋に逆戻り。
勉強以外にも沢山のことがあり、Weekdayは竜巻のように過ぎていく、そんな日常が今走馬灯のように見えています。図書館がしまる前に本を返してこなければいけないのでまた後で整理します。とりあえずめでたいので再びSoledadの写真をアップ笑
[PR]
by congeniality | 2007-03-24 02:12 | Life in UK(general)

multi-dimentional...

ここ数週間、アメリカの政策や軍事介入は帝国主義(Imperialism)かということが授業のテーマ。Superpowerとして君臨するアメリカについて、その行動や思考はImperialism(またはNeoImperialism)として批判したくなるのも当然だけれど、Imperialismに対する定義をしっかりしないうちにその言葉を使って批判をするのは短絡的。つまり、実はアメリカは帝国主義ではない、という意見の方が証明しやすかったり、するのかも・・・

Capitalism is the highest mode of Imperialismというのはマルクス、レーニンが掲げた見方で、確かにその視点から言えば、資本主義マーケットを広げようとする思案は帝国主義的かもしれない。でも!、今の時代、資本主義は多くの国と人々から支持されていて(少なくとも、受け入れられていて)、そこであえて、その思想を広めようとすることが帝国主義に繋がるわけではない。上に引用したマルクス、レーニンの見方のみを信じて批判しても、その理論は弱い。まだちゃんと読みこんでいないからなんとも言いがたいけど、領域を広げようとしてやたらに動いているというよりは、国際社会というものの上に立って、独自の利益を追求しようとしているだけのように思える。スーパーパワーとして君臨してる、というよりは、他の国の意見を気にしないで独立している、と言ったほうが正確なような気がする。他の領域を侵略することが正当化されていた時代と違って、統治権の概念が確立された今は、帝国主義の定義も領域的なものより経済的な支配の有無が問題になってくる。アメリカの行動が帝国主義的かどうかは、新しい定義を当てはめてみる必要があるし、同時に、人権や統治権について語られるようになってからは、帝国主義的行動を取るにも、それらの批判を掻い潜るような理由付けや動機があるから行動を起こすほうも批判するほうも複雑だw 動機や目的が帝国主義ではないからそれは帝国主義ではない、と言うのか、または、動機や目的は帝国主義ではないように見えるが実際やっていることは帝国主義と変わらないのではないか、と言うのか、それによっても答えは変わる・・・
(ちなみに昨日引用した論文では、イラクを攻撃したアメリカの意図としてよく挙げられるのが「オイル」、それからブッシュ政権についてもブッシュのパーソナリティーに対する悪評の方が先立っているが、その見方は真相をよく理解できていない、と批判し、それよりも単独行動主義、テロリズムに対するリアリストの考え方(原因は「国」にあるとし、それにあわせて行動する=テロリストの脅威という国を排除する)などなどに焦点を当てるべきだと論じられている)

そういえば、今日のアラビア語の授業で、比較級を習ったのだが、
アラビア語の形容詞SmallにはYoungという意味もあって、同じようにBigにはOldという意味も含まれる。そのとき生徒の一人が、
" so, a young big boy and a small old boy are technically same??"
という質問をしていた笑

~~~~~~~~~~~~~
以上何一つまとまって論じられていないので今後発展させていくことにしますlolチュートリアルで「資本主義を広めようとしているところはマルクス、レーニンの視点から見たら帝国主義かもしれない、という一つの議論はある」と言った瞬間にコミュニズム大賛成の一人から握手を求められたので、そう答えを直結しようとせずに多角的にみてくれ、と思った日でした。
一つの結論を通そうとしていると、とにかくすべてそれに繋げればいい、という結論ありきな考え方になってしまうが、何かから導き出されたものを結論とすべきだ
そういう意味では、政党を支持しようとすると、それを支持していること、それを支持しないものに反対すること、という目的に集中してしまって、ある意味では短絡的になってしまうのかもしれない
やっぱり私は無党派、流動層にしかなれないのか
選挙権のない異国の地で苦悩は続く・・・
ただ真直ぐ歩きたいだけなのにそんな単純なことが公レベルになるとなかなか出来ない・・・
ブログランキング




---------------------------------------------------
アメリカの政策に関連して、
たまに見ているサイトで言語を視覚化して見るサイトが紹介されていました
演説の中にある単語がいくつ入っているか調べられる
[PR]
by congeniality | 2007-03-06 05:02 | Thinking about...

可及~的速やかに②

e0026645_6281192.jpgプレゼンは終わりました。しかしエッセイの進みは全然よくありません。数日遅らせますが今週末に第二個目Liberalismについてもまとめて形にしたいと思います・・・Liberalismの方は慣れているテーマだからあまり時間がかからないことを祈・・・
一週間とは思えないほどいろいろ起こり書きたいことは沢山ありますがもう全部今月末に。
読んでいて笑えたことを2つだけ紹介
(笑っていい話でもないけど)
Robert A. DahlのOn Democracyから
... the democratic citizen is called on to pursue contradictory goals; he must be active, yet passive; involved, yet not too involved; influential, yet deferential.
・・・笑 Democratic citizenであることがいかに沢山のジレンマをはらんだ大変なことか分かりました。
どの政党が力を持っても、ある程度のElite支配はDemocracyには必然的なもの、だけれど彼らが下からの圧力や市民のポテンシャルを常に感じることによってバランスがとれる。市民は常にポテンシャルを見せ付けておかないとバランスが保てない。しかし、市民が政治に加わりすぎて大きな行動を起こしすぎてもそれは崩れてしまう。

もう一つ、Myths, motivations and 'misunderestimations'; the Bush administration and Iraq by David Hastings Dunnの中で
"When you see yourself as a hammer everything looks like a nail."
これは結構よく使われる表現らしい。

お知らせ:ミラクルさん同盟に参加したのでバナーを貼りました♪
ブログランキングもよろしくおねがいします
[PR]
by congeniality | 2007-03-05 06:49 | Life in UK(general)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite