【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Iran in World Politics

e0026645_2132136.jpg
Iran in World Politics-The Question of the Islamic Republic
by Arshin Adib-Moghaddam


今学期のエッセイのSupervisorの本を読んでみました
イランの外交の特徴、イランの中から生まれた特徴と外的要因によって植えつけられたイランというイメージ、イランイラク戦争、アメリカのネオコンサバティブというイデオロギー、時間をかけてだんだん育ちそうにある市民社会について、の論文が一冊にまとまっているので
まさに体系をつかむのに最も適している

最後の市民社会の章については、他に読んだ文献では「市民社会の構築を語ること自体が、すでにリアリズムを逸脱している・・」というくらいネガティブに書かれたものが多いのに、この著書にはだんだんと明るい兆しが見えてきている、というポジティブな方向で書かれていたので、
その証拠をどこから見つけたのですかと直接聞いてみました
実際アフマディネジャド大統領の元ではフェミニズムの運動などは完全に拒絶されているし

教授も言うとおりそれを直接見つけるのは大変困難なことだけれど
政府や国が常に市民社会に対して寛容さと不寛容さの間のベクトルを行き来していることがポイント
人々の意見を聞かなければ政府は立場を守れないし、
かといって聞きすぎれば政府は転覆させられるかもしれない、
これはイランに限ったことではない
その点でフーコーの引用を通してまず地道な運動にも目を向けてみないと
そこに意外にも大きいBottomUpの影響力が隠れていることが発見できない、という教授の意見も分かる

先日のパキスタンの講義では、一転
TopDownとBottomUpは結局同じことを言葉を変えて表現しただけなのでは?という
質問が出た
2つの改革のアプローチとして、
一つは、社会全体が潤えばいい、という発想(→これでは貧富の差は広がると予想)
そしてもう一つは、名目上貧困問題解決という発想(→その間に富の層を怒らせないように政府は富の層を社会から分離させて保護する政策をとる)
つまり、、、一つ目ではエリートは更にエリートになり、BottomUpと思わせる二つめの政策ではエリートはエリートのままとどまることになる
→公平な社会はいつまでたっても築けないということ

この議論を聞いてからまた更に市民社会に悲観的になってしまったからイランのケースでも
ポジティブに考えるまでにはまだまだ実際のケースを突き詰めて見ないといけないなとおもう
女性運動などに焦点をあててみるだけでも、どの時代は政府が寛容でどの時代に規制が厳しくなったか、などきっと流れがわかるとおもう(仮定)

話はとびましたが
この本からは題の通り、国際社会から隔離してはイランという国を語れないのだ、ということをよく教えられた
論文を書くに当たって、フォーカスされていることは大切だけれどくれぐれもイランをイランという枠だけに切り取ってみてしまうことだけはしないように気をつけよう
[PR]
by congeniality | 2008-10-31 21:03 | Middle East

Clock Changes

日曜日の深夜に夏時間が終わり時間が一時間戻りました
朝11時に起きたならそれが10時に起きたことになる
一日24時間と25時間だと大分感覚がちがう
毎日1時間ずつ戻ってくれればいいのに・・・

一方、今日月曜日のバイトでいつものように世界のニュースを録画しようと思ったら
問題発生 
サマータイムがない日本との時差は9時間になったので
夜9時のニュースを見るのにこちらは12時から見始めなければいけない
結局冬時間の間は日本時間深夜の30分ニュースを撮ることになりました

さてこれから冬時間になってタームも5週目
今週末から中休み
中だるみしない中休みにすることを宣言します
では040.gif
[PR]
by congeniality | 2008-10-28 01:17 | Life in UK(general)

minor mistake

昨日いつものようにワールドサービスニュースを聞いていたのですが

アメリカで選挙の投票が始まったというニュースで
レポーターが
Now, fans are queuing, sorry, voters are queuing in front of voting station...
(さて、ファンは、失礼しました、有権者は投票所の前に並んでいます)
と間違っていました

天下のワールドサービスなのに!笑
Vから始まる単語をFと読み間違う可能性はほとんどないだろうから
イギリス人のレポーターがアメリカの大統領選挙を客観的に見ていて
常々感じていた皮肉なのか
それにしても面白すぎる間違いで忘れられない037.gif
[PR]
by congeniality | 2008-10-24 09:54 | Life in UK(general)

The Qur'an / Nahla


The Qur'an
Channel4で今年7月に流れたドキュメンタリー
女性の役割?権利?スカーフ?イスラムの法律?刑罰?男女別のモスク?争い?テロ?
などなど現代社会で起こっているさまざまな論争や紛争に対して、その答えをコーランから
直接導き出すことができるか、ということを検証しているドキュメンタリー
結果はもちろん、遊牧民時代に書かれたコーランと今の時代のギャップ、発音記号の点の振り方によっても意味が変わってしまうという現実、数々の言語に翻訳されているうちに意味が変わってきたという歴史、同じ文章でも人によって解釈の仕方が違ってしまう、というようなことから直接絶対的な答えを見つけることはまず無理だ、という結論に至りますが、
このドキュメンタリーが伝えているのは「心理を導くために努力して学びつづけ考察しつづけなさい」というコーランのメッセージでした
同時に、国や地域によってまったく違うイスラム教の実践の仕方をハイライトし
かと思えばイスラムとキリストとユダヤ教の共通点や類似点も忘れていない
Overviewとしてとても役に立つドキュメンタリーだった
インタービューされている人たちの意見もバラエティーに富んでいて、エジプトでナセル大統領時代はスカーフを着用している女性は一人もいなかったのに今なぜ?と問いかける女性もいれば、アッラーが伝えてくれたスカーフはムスリムとして欠かせないという女性もいれば、
支持しない男性もいれば、支持する男性もいる、そして世代間のギャップも取り上げられている

こういった内容は本でも充分得られるけれど
やっぱり映像と一緒にみるとより近くにいる感覚で現状を見られるので効果的

Nahla
アルジェリア映画
レバノン内戦時代の話
パレスチナとの関係が難解で歴史を熟知していないとわけがわからなくなる映画・・・
あまり有名な映画ではないので解説も少ない
レバノン内戦は去年授業でさらった程度だったので
もう少しリサーチをしてから見直すしかない
けど全体的にあまり惹きつけられる映画ではなかった
[PR]
by congeniality | 2008-10-20 22:11 | Middle East

BRITISH LIBRARY

4年目にして始めてBritishLibraryの会員になってみました
ペンを持ち込めないとか、荷物を入れ替えなければいけないとか、手間のかかる話ばかり聞いていたし、他にも行く図書館は沢山あったのでわざわざ行く機会がなかった


すごく綺麗だし歴史がある図書館だということも聞いていたけれど
実際に行ってみていろいろな意味でそのすごさに感動
(もしこれから行く人がいるのであればあまり「すごい」といって期待だけ大きくしてほしくはない
けど、リーディングルームと呼ばれる自習室の入り口や扉には高級感があって、空港のラウンジを想像させる)

あとは箇条書き
■リーディングルーム以外だったらカードを発行しなくてもはいれる
カフェや廊下でも勉強ができるようになっているから便利
■TreasureRoomと言われる展示室ではシェイクスピアの直筆の文書から始まり
マグナカルタや最も古い文書の一つの聖書やコーランがおいてある
その中で特に目に留まったのが
―ラベルが書いたボレロの楽譜
他にもモーツアルトやベートーベンがあって複雑な楽譜が多い中、
ラベルのボレロはとても鮮明にメロディーが読めてあの超有名な旋律を作り出した人が
その時に書いた楽譜が目の前にある、というその瞬間がとても大切な時間に思えた
―レーニンが1902年にロンドンに滞在したときにBritishLibraryの会員になったとき発行された書類(というかメモ)
リヒテルという名前で登録して、レーニンであることは表にしていない
この時代は今のようにID提示やコンピューターでの情報処理がなかったから
誰でも簡単に偽名で登録できたらしい
特に、それを見たのが私がちょうど自分の長いカード発行の手続きを終えたばかりだったから
おかしかった 
→カード登録にはIDと自分の住所あてに届いた銀行からなどの手紙が必要で
手紙が少し古いものだったりすると発行できませんと言われてしまうこともあるようだ
“あの”レーニンもここにきて登録したのか、と思うと
それが歴史の重み、なのか、逆に簡単に過去と交われる軽さなのかよくわからない
どちらにせよ、やはり人が歴史や物と出会うときの感動というのはPersonalExperienceに相当左右されると思った
他にも沢山展示があったのに特にこの二点が印象深かったのは
その曲に親しんでいたからとか、モスクワでみたレーニンとその記憶、とか
過去の自分の経験や知識からうまれた興味からだ
とすれば、シェイクスピアをもっと知っていれば、イギリスの有名な詩人をもっと知っていれば、
それらもただの古くて今にも破れそうな紙切れではなくてすばらしい遺産だと分かるのだろうなと思って逆に自分の‘知らなさ′がもったいなかったと感じる面もあった

■主な文献は地下においてあって、読みたい本を注文すると地上にとどくまで70分くらいかかるそうだ ただし今はネットで先に注文しておいてうけとるということができるから読みたい本と目的が分かっていればそんなに時間の無駄になることはい
[PR]
by congeniality | 2008-10-19 19:09 | Life in UK(general)

JSTV

でNHKの夜9時のニュースをみている
衛星を飛んでくる映像が日本で見る映像よりもちょっと質が落ちるということもあるのですが
イギリスから見るとこんなにテンポが遅かったっけ?と思うくらい
ナレーションの日本語が穏やかで、取り上げる内容が平和で驚きます

その後アルジャジーラを見るとまさに世界は常に非常事態のように写っている
さっきまでJSTVでは1時間の「ニュース」のうち動物の話題が途中で入ってきたり、吉永小百合さんのとても穏やかなインタビューがあったり、体育の日ということもあるが10分くらいスポーツに割いている「ニュース」とあまりにギャップがありすぎてチャンネルを変えるだけでおこるこの変化についていくだけで必死だ笑
国際的な話題といえば経済危機の話だけですこし平和すぎないかな?と思ってしまうけれど
でもやっぱり9時のニュースは好きだ
まるで自宅のリビングにいるような気分になるし
今日の吉永小百合さんのインタビューも素晴らしかった
特に彼女の代表作を見ているわけではないけれど
そのオーラやインタビューにきちんと答える誠実さに勇気づけられた

ただ、アルジャジーラとまではいかなくてももうすこし日本国民がアクセスしやすいところに
「世界の情勢」をもうすこしきちんと写す場所が提供されればなと思う
[PR]
by congeniality | 2008-10-13 22:37 | Media

Cairo Central Station (1958) [Bab el hadid]

by Youssef Chahine, Egypt
imdbでも結構評価が高い
http://uk.imdb.com/title/tt0051390/
BBCレビューでもhttp://uk.imdb.com/title/tt0051390/

エジプトでみた三級コメディーを除けば
Rotanaが製作したKeifAlHalに続いてちゃんとしたアラビア語映画を見るのは2作目
エジプトで作られた白黒の映画
7人の侍より少し後だけど50年代なので相当古い作品
なのにぱっとみてクオリティは思っていたよりも高いし(というか
きっと今現在のアラブ映画のクオリティ(あくまでもエフェクトの技術という意味で)が
欧米のものとくらべるとそれほどではないから、あまりギャップを感じなかった)
一番びっくりするのはあまりにもスカーフをかぶった女性が少ないから
逆に今のイスラムが強調されているアラブ諸国よりも新しく見えたのが不思議だった
というのはきっと、私の中でも自然とLiberaliseされた社会=Headスカーフを使用しなくなる=進んだ社会 という固定観念が拭えないからだと思う
西洋が築いてきた発展や進歩の定義がここまで一人ひとりの先入観に影響していると思うと怖いくらいだ

映画自体はといえば、ストーリーや展開はそんなに目新しいものではなかったけれど
それは今あまりにも多くの映画が後にできたからであってこの当時はとても革新的だったのではないかと思う
BBCのレビューにはそれが後のヒッチコックを思わせるとも書いてある
アラビア語はエジプシャンアラビックなのでなかなか聞き取れなかった
(ちょうど今アルジャジーラニュースを見ているけれど、エジプシャンアラビックと違ってスタンダードだと一語一語がはっきり聞こえるのに驚く)

カイロのセントラル駅で働く人たちの物語だが
今でもエジプトに物売りはたくさんいるし貧富の差も大きい
なので決してただ古い映画というだけではなく今の社会の様子を掴むのにも役立つ
(それは日本の昔の映画をみて、だいぶ今の生活習慣とは違っていても
人と人との接し方とか社会の作られ方とかはたかが50年でそう簡単に変わるものではないのと同じで、文化の原点(原点というには新しすぎるけど)を見るのはとても有益だった)

アラビア圏の文化は日本とまったく違うけれど
「西洋ではない」という部分では日本と共通点があって
それがいつも面白い
[PR]
by congeniality | 2008-10-13 22:21 | Middle East

Language Centre[Week1]

今学期はアラビア語を大学ではなくて大学付属の語学学校で学んでいます
先週初めてのクラスに出席して、003.gifサプライズ003.gif
先生が大学1年の時にならったアラビア語の教授でした!!
とても親切にしてくれる半面私が既に習って知っているべき範囲を把握されているのは
プレッシャーでもあるwww

肝心の授業内容といえば、
スピーキング中心でしゃべる機会も平等に与えられるし
グラマーの知識ばかり専攻して硬い文章はよめても会話がさっぱりできないという状況を
脱するために一番望んでいた形のクラスでよかった
絶対あきらめないでやっていきたい
[PR]
by congeniality | 2008-10-13 21:51 | Life in UK(academic)

Dive

大学のジムで始めたダイビング講習
先週は無料体験をしてきました
すごい・・・029.gif
いくら場所は海でなくプールとはいえ、プールに入る前のシュノーケリングしか知らなかった自分と、30分弱水中でダイビングをした後にプールから出たときの自分が見た景色が
まるで宇宙に行く前と後かのように違ったのに驚きました
空の向こうにも宇宙が広がっているけれど
海底にも別世界が広がっているという表現がよくわかる
それがプールというきわめて人工的で殺風景な場所でも、普段’陸’で生活しているものにとって
水の中で継続して何分か過ごすという経験だけでもかなり特別なものと感じられるのです

肝心の装具、陸では重くて一人で運ぶのもやっとくらいの酸素ボンベ、
それが水中では背負っても苦にならない!
ただ全体に仰々しい感じがするのは否めない
ダイビングに関する知識が増えればもっと負担が軽くなるかもしれない001.gif
[PR]
by congeniality | 2008-10-12 21:32 | Life in UK(general)

1000 London's Most Influencial People 2008

昨日のEvening Standardの別冊付録になっていた
今年ロンドンでもっとも影響力のある1000人特集
ウェブでも見られます


Evening Standardは保守党支持者向けというのはいつも耳にしていたけど
別冊付録の特集(主に政治欄)にはびっくりした
ロンドン自治のページで保守党のロンドン市長ボリス氏が大きく取り上げられるのは当然としても
国政のページで一番先に書かれているのが労働党のブラウン首相ではなくて保守党党首のキャメロン氏005.gif
別冊付録ではキャメロン氏がすごく綺麗に写されたセレブの取材のような写真が片面を占めていて(ウェブでは小さな写真になっているが)首相の写真は一枚もない!!

今学期からはじめたジャーナリズムのコースではかならず教授がその日の大手の新聞全紙を
教室に持ってきて対比させる
国の全体像は全紙読まないと把握できないのに(それでも全体像を把握するよりかは想像するだけに過ぎないしその想像力にも限界があるし)
「多数意見にいると安心する、もっと自分の意見を言いやすくなる」という人間の習性が
「自分の意見を代弁してくれている新聞を選びやすい」ことに繋がるだろうし
それ以前に「家族や周りの人達の意見やどの新聞に囲まれて育ってきたかというのも
自分の考えを確立するのに大いに関わっている」のだから
そういった意味でもメディアはその効果を増殖しているはずだ
それが手に取るようにわかった特集だった(少なくとも政治に関しては)
ほかコマーシャルやスポーツやエンターテイメントで有力だった人たちがどこまで世論構成に関わってきているかはイギリスの有名人やそのバックグラウンドに詳しいわけではないので
もうすこし調べてみようと思う
[PR]
by congeniality | 2008-10-08 21:21 | Media
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite