【FABULOUS!!】

congenial.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

イランにおける反政府行動 (Inside Story by Al Jazeera English)

★★★★★

http://www.youtube.com/watch?v=mib2rroeFzM


印象的だった点メモ(順不同)
‐反政府運動が指導者の役割をする人材がいないとはいえないけれどもインターネットなどで広がった個人個人の横のつながりによってでてきた運動であること、非常にポストモダン的で過去に例がない
‐以上より、今後政権が覆されるのか、現在の政府が倒れた後での代替案があるのか、が不明
‐初めは真実を繁栄していない選挙結果を覆すように求めた運動だったが、政府がさらなる抑圧措置をとったため、宗教指導者をはじめとする現政権全てへの不満が生まれ運動が過熱
‐選挙から早6ヶ月もたっている今、もしかすると改革派と保守派の間では非公式の会談を通して話し合いを行っているかもしれない
‐ただし、もしなんらかの交渉が行われているとしても、デモなどに参加している本人達を納得させるようなものが簡単に生まれることはないだろう
‐TritaParsi氏によると、「イランでは宗教的な要素(Theocracy)と民主的(Democracy)な要素と混ぜた政治体制というものが本来導入されたはずだった。その政府が、先日シーア派の宗教行事Ashuraの際に反政府運動が宗教行事を政治的なことに利用したのは冒涜だ、と反論するのは、矛盾している」


⇒単純に改革派と保守派の対立構造というと事実を見失いかねない
⇒緑のものを身につけるだけで人権擁護で反体制というふうに表からはみえるけれども、
実際彼らが想像する理想の民主主義とはきっと一人一人まったく違うものなのだろうとも推測できる
⇒列強の内政干渉が非常に多かった歴史をもつイランにとって、国際社会が今更介入しようとしても国民は不信感をもつこと間違いない/政府が言論統制をするために用いた装置がロシア産でロシアの思惑があるのでは?と疑う声があるらしい(→この記事を参照:http://www.opendemocracy.net/r-tousi/iran%E2%80%99s-ocean-of-dissent
[PR]
by congeniality | 2009-12-31 05:08 | Middle East

エジプト航空の機内アナウンス(嘘)

http://www.youtube.com/watch?v=XovagJwwGAE&feature=player_embedded

面白すぎるので是非見て下さい(アラビア語訛りの英語でのアナウンス)たとえばThisは全部Zisになっている笑
ありえない、でもエジプト航空ならありそうな内容が細部にわたり織り交ぜられていて素晴らしい出来・・・
最初から「予定より4日遅延が出てしまい申し訳ありません」とか「テレビから録画し忘れたのでこのフライトでは映画上映はありません」「テロリストは乗っていません」Etc Etc
開発!技術!と言ってどの航空会社も同じようなサービスを提供するよりも
こんな調子のところがあっても可愛らしいのでは?と思ってみたりもする011.gif

関連動画も見てみたら、すごいのがたくさんある・・・
これもお勧め 
http://www.youtube.com/watch?v=yaS965WUdTI&feature=related
日本でもスペルミスとかはよくあって外国人観光客が面白がって写真をとったりするけれど
ParKingはありえないかも
赤ちゃんが物干しざおの上に乗っているのはかわいい
[PR]
by congeniality | 2009-12-30 14:20 | Middle East

Shave your head for charity..?

お久しぶりです。。。Merry Christmas!
現在課題進行中なので更新回数が減っています

さて突然ですが、先月突然授業に髪の毛を剃ってあらわれる生徒(女の子)がいたり
キャンパスでも髪を剃った人たちを何人か見かけました043.gif027.gif012.gif

一体何があったかというと
髪を剃るというパフォーマンスを通して、お金を集めて、
パレスチナで苦しい生活をしている人たちへのチャリティーで
交流のある家庭に直接支援をしようという目的です
友達に聞いたら個人で200ポンド(3万円)くらい集まったというので
髪の毛を剃っただけということを考えれば効果的かも
でも皆少し寒そう

SOASには現代のヒッピーが健在なのですが、画期的な発想だとは思うけれども実際にパフォーマンスに参加している人の面子をみるとなんだかこれが真のヒッピーになる洗礼の儀式のようにも見受けられるところがあるような気がしないでもない
[PR]
by congeniality | 2009-12-26 22:58 | Life in UK(general)

ターム1終了

1学期が終わろうとしていますが、今日はロンドン雪です。
最終日に限ってI still have to run a couple of errandsという状況で、
まだまだ落ち着いて振り返っている場合ではないのですが、せめて今日の出来事だけでも書いておこう

■ちょっといい話
今日のペルシア語のクラスでは後半、学期末のパーティーをしようということになっていて
費用などがどこから出てきたのか知りませんがサンドウィッチやお菓子などが盛りだくさん運ばれてきて
違う学年のペルシア語専攻の学生たちも集まってきました
それから、SOASの卒業生でイギリスの外交官でこれからカブールに派遣される(女性)で、ペルシア語のトレーニングを受けているという方もきて、学生たちに将来のアドバイスなどをくれる
29歳になるまで、ずっと派遣の仕事をしていて、4回目でやっと受かったという、
短くいうと「何事もあきらめるな」という話
でも、「面接に行って突然政治に興味があります、とか、中東情勢に興味があります、と言ってもすぐ見破られる。普段からどれだけ興味をもって、関心事を調べて、どんな風に生きてきたか、面接官にはすぐわかる」という
彼女は2001年の9月11日の締切日に、イスラムとファンダメンタリズムのことを書いた論文を提出したそうで・・・なんて運命的・・・・

大学付属のギャラリーで企画されていた南アフリカでつくられたタペストリーの展示
残念ながら展示には行っていませんが、インフォメーションをよく読んでみたら、とても素晴らしいプロジェクトだということがわかりました
タペストリーもきれいなのですが、このFancy Stitch Groupという名の団体は、グリーティングカードやキーチェーンなどもつくっていて、それがとてもユニークで色鮮やか
エイズの被害がとても多い地域で、それらの被害や貧困問題の解決に向けての一歩でもあるグループです
購入することで直接的なボランティアにも繋がる
e0026645_79147.jpg
e0026645_793018.jpg


キーチェーンといえば、最近さんま司会の何かの番組で「ブランド物のキーチェーンは、バッグや財布などを作った端切れで作っているので(にもかかわらず、高く売れるので)、店側としては大きな収入源」ということを紹介していた。バッグには手が出ないけれどキーチェーンなら気軽に買える、、と思ってクリスマスプレゼントなどにしようと思っている人達、、、そんな資本主義の手口に騙されないで今すぐズールーランドのキーチェーンの方を買うように笑
[PR]
by congeniality | 2009-12-17 07:09 | Life in UK(academic)

InternationalRelationsをWorldPoliticsに改名したらどうか

(正確には、InternationalRelations国際関係学の名のもとではなく、今世界政治学という視点を持たないとだめなのでは?ということ)

教授の論文を読んでいて印象的だった2か所を引用

Adib-Moghaddam, Arshin, ‘Global Intifadah? September 11th and the Struggle Within Islam’, Cambridge Review of International Affairs, Vol. 15, No. 2, 2002, pp. 203-216.


西洋がアラブやイスラムを一つのカテゴリーとしてみなすのは、
イスラムテロ組織が西洋をひとまとめにして批判するのと同じだ↓

By externalising the significant ‘other’ as representation
of an imagined enemy, the West against the rest dichotomy is not very
different from the mental disposition behind the dar al-Islam (house of Islam,
forces of good) dar al-harb (forces of evil) distinction espoused by both Arab
nationalists and ‘Islamic’ fundamentalist movements. Both positions, Islam vs.
infidels and West vs. the rest, are intended to enforce categories and draw strict
boundaries between supposedly incompatible worldviews.

(国と国の関係という概念にとらわれてしまうとそれを超えた動き(アルカイダ組織など)を正確に読み取れなくなる)そこで、KeohaneのWorldPoliticsが忘れられているという意見が紹介される↓

In an essay published in the aftermath of September 11th,
Keohane argues that
Most problematic are the assumptions in international relations theory about the
roles played by states. There has been too much ‘international relations,’ and too
little ‘world politics,’ not only in work on security but also in much work on international institutions.
[PR]
by congeniality | 2009-12-09 08:20 | Middle East

言語とアイデンティティー(内容は不真面目)

自分で言うのもなんですが、最近「アラビア語」ではなく、
「アラビア語を母国語とする人が話す英語」の物真似がかなり上達し、自信をもってできる物真似のリストに加わりました笑

リスト:
日本語なまりの英語(これはもちろん簡単)
イギリス英語にちかい英語(普段使用中)
フランス語なまりの英語(序の口)
イタリア語なまりの英語(序の口)
中国語なまりの英語
シンガポール英語(最近聞いてないから衰えてきたかも)
アメリカ英語にちかい英語(イギリス人の子供がアメリカ英語を真似したときの感じに似ているらしい)
アラビア語なまりの英語(最近習得したばかり)

今後注目していきたいのは
スペイン語なまり(これがなかなか聞く機会がなくてよくわからない、Spanglishなどと呼ばれてよく知られているはずなんだけど)
ペルシア語なまり(聞くとわかるのに、どうしても真似できない!!そして十人十色という感じでみなそれぞれに育った国が違ったりで、ペルシア語×ドイツ語なまりだったり、イギリス英語にちかいペルシア語だったりして誰に焦点をしぼって真似たらいいのかわからない)
韓国語なまり(これも聞くとわかるのに、真似するまでには至っていない)

それはそうと
アラビア語では「生まれる」と「死ぬ」という動詞は受動態で使われる
自分の意思には関係なく起こる出来事という認識が反映されている
それで、死ぬという動詞はトゥフィと発音するのですが
これがどうしても「豆腐屋」に聞こえてしょうがない
豆腐屋以外にはどうしても聞こえない
[PR]
by congeniality | 2009-12-09 05:46 | Life in UK(general)

Battered not beaten: Iranian opposition plays the long game (タイムズ)

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article6947704.ece#cid=OTC-RSS&attr=797093

明日までやならければいけない事項が多々あるので背景や翻訳などは省略しますが(もっと調べようと思っているのでそれは今後の記事で)、とりあえずこの記事「イランの反体制運動は長期戦で活動している、どんなに抑圧されようと完全につぶされることはない」というような内容で、明日急に事態が好転しないとしても、反体制運動があるという「事実」だけでも、今後の政府や国際社会(←この言葉嫌いですがわかりやすいので使わざるを得ない、主に欧州や欧米、そして最近中国も、を指していると思われる)がどう対応していくかまたはどう対応していかないか
という点で未来を大きく変えていくだろう、と読み取れます

今の反政府運動は、決して選挙結果への不満だけで最近おこったものではなく、シャーの時代から、ホメイニの革命で「がらり」と変わった体制下で30年間の間に生まれて育ってきたものだ
その反政府運動にかかわる人々は、ホメイニの革命で「がらり」と変わった体制をまたシャー時代のように「がらり」と戻したい、と思っているわけではないと思う
彼らこそ革命がもたらす支配の欠点を知っている超本人ではないのか
だからこそLong Term Solution(長期的解決)をもとめるのではないだろうか

それはさておき、この記事によると
現在おこなわれている選挙結果に反対する反体制運動(グリーン革命などとよばれる:日本にもあるみたい→http://www.azadi.jp/2009/11/13_09.html)の、統一カラーである緑を着ている観客が視聴者に見えないようにサッカーのテレビ放送が「白黒」だった!!ようです005.gif
[PR]
by congeniality | 2009-12-09 03:04 | Middle East
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite